コロナ直撃が深刻な「エンタメ」に希望はあるか

自粛のイベント「無観客、延期、中止」の分岐点

大相撲春場所も無観客での開催を強いられている(写真:ロイター/アフロ)

3月19日から開催予定だった「第92回選抜高校野球大会」の中止が決定し、涙を流す高校球児の姿が報じられるなど、新型コロナウイルスの新たな影響が波紋を呼んでいます。

新型コロナウイルスの影響を受けているエンターテインメントは、高校野球だけではありません。すでに多くのニュースが報じられているように、スポーツ、音楽ライブ、テレビ番組、動物園、ミュージアム、公営競技など、あらゆるエンターテインメントが無観客、延期、中止などの対策を余儀なくされています。

それぞれのエンターテインメントはどんな対策を取り、どんな基準で無観客、延期、中止を決めているのか。それぞれの関係者や専門記者などから聞いた情報をもとに掘り下げていきます。

「学生」「教育」が経済効果を無力化

選抜高校野球大会がそうであったように、どのエンターテインメントも、まず選手や出演者、関係者、観客の健康と安全を最優先に考えたうえで判断が下されていることは間違いないでしょう。

そのうえで選抜高校野球大会は3月11日の発表直前まで、無観客開催を前提に準備をしてきました。しかし、「野球は屋外競技であるうえにコンタクトの少ないスポーツだからプレー中は大丈夫ではないか」という希望は持てても、移動や宿泊を含む24時間すべての安全を確約することは不可能。

さらに、中止を決定づけたのは、日本高野連の八田英二会長が言っていたように「高校野球は学校教育の一環」という理念。「学生」「教育」は、入場料、食事、宿泊、交通、観光などの経済効果を考慮せず、無観客から延期を飛び越えて中止を決定づける最大の要因なのです。もし大会中に選手や関係者の感染が判明して打ち切りとなったら、生徒や学校へのダメージは計り知れず、「教育上それだけは避けたい」と考えるのは常識的な判断でしょう。

一方、「学生」「教育」の理念がないプロ野球は、3月20日に予定されていた開幕戦の延期を発表しました。同様にJリーグも再開の延期を発表しましたが、テニス、バレーボール、大相撲、音楽ライブ、お笑いライブ、寄席、演劇、競馬、競輪、競艇、動物園、美術館などは、「無観客で開催し、テレビやネットでの放送・配信で見せる」という形を採用したのです。

次ページ東京五輪の無観客開催は考えづらい
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。