iPhoneがあれば「オンライン会議」はすぐできる

FaceTimeやLINEはビジネス用途にも有効だ

iPhoneを使って複数人で「ビデオ会議」をする方法を紹介する(筆者撮影)

新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的に、政府は大規模イベントや不要不急の外出の自粛を国民に要請した。これを受け、自宅などで作業するリモートワークを実施する企業が急増している。3月に入ってから、会議や打ち合わせがオンラインに切り替えられたビジネスマンも多いはずだ。iPhoneでも、こうしたビデオ会議をサポートするさまざまなツールを利用できる。

この連載の一覧はこちら

メジャーなところでは、「Zoom」や「Skype」などがある。グーグルの「ハングアウト」も、オンライン会議用のツールとしてよく利用されるサービスと言えるだろう。

一方で、当然ながらサービス同士に互換性はなく、相手が同じものを利用していなければ、会議は成立しない。自社の社員同士の会議ならアプリをインストールしてもらえばいいかもしれないが、取引先となるとツールをゴリ押しするわけにもいかない。

このようなときに簡単に使えて便利なのが、iPhoneやiPad、Macで利用できるFaceTimeだ。

2018年10月にリリースされたiOS 12.1からは、最大32人までのグループでビデオ通話ができる機能にも対応しているため、複数人の参加が必要な会議にも向いている。自宅で会議するときに便利な機能もあるので、ぜひ使いこなせるようになっておきたい。合わせて、簡易的なビデオ会議用の手段としてLINEのグループビデオ通話機能も紹介していく。

1.Apple IDや電話番号でユーザーの追加も簡単

FaceTimeは、iPhone、iPad、Macなどのアップル製品に搭載される、ビデオ通話用のアプリだ。一般的な電話とは異なり、Wi-Fiやモバイルデータ通信を使って音声や映像をやり取りする仕組みだが、Apple IDやApple IDにひもづいた電話番号で発着信可能。電話感覚で簡単に利用することができ、品質も比較的高い。iOS 12.1から対応が始まったグループ通話機能を使えば、会議にも使えるクオリティーだ。

参加者を一斉に呼び出したいときは、FaceTimeを起動してから、それぞれのApple IDや電話番号を入力していけばいい。起動すると過去の履歴が表示されるため、画面右上に表示される「+」ボタンをタップ。「新しいFaceTime」の画面で宛先に名前を入力して、表示された人を選択する。この画面で「+」をタップすると連絡先アプリが起動するため、そこからFaceTimeをかけたい相手を選んでもいい。

次ページ一対一でつないだ後も参加者を追加できる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。