iPhoneがあれば「オンライン会議」はすぐできる

FaceTimeやLINEはビジネス用途にも有効だ

自宅でのFaceTimeは、背景にも気をつけたい。片付けていない部屋が写り込んでしまうのを避けたいというのは、誰もが思うところだろう。Zoomのようなオンライン会議に特化したアプリでは、背景をCGに置き換えることが可能だが、残念ながらFaceTimeに同種の機能は搭載されていない。この解決策としては、フィルターを使うといいだろう。アニメ調のフィルターをかければ、情報量が落ち、背景に写る部屋もある程度ごまかすことが可能だ。

3.LINEはビジネス用のビデオ会議にも使える

簡易的なビデオ会議ツールとして便利なFaceTimeだが、参加者全員がiPhoneなり、iPadなりを使っているとは限らない。自社だけならツールは統一されているかもしれないが、取引先と打ち合わせするときなどには、使えないケースも出てくるはずだ。無料で使えて手軽で、しかもプラットフォームをまたがって使えるという点では、LINEも役に立つ。

グループでのビデオ通話はLINEでも可能。背景を変えるような機能も(筆者撮影)

LINEには、FaceTimeと同様、顔を認識してイラストなどに変える機能があるだけでなく、背景だけをCGにすることも可能。自宅でビデオ会議に参加するには、うってつけだ。参加できる人数は最大で200人。さすがにそれだけの人数で会議をやるのは難しいが、部署単位の全体会議など、大人数を集めたいときにも利用できる。

また、PC版のLINEには、近日中に画面共有機能が提供される予定だ。この機能を利用すれば、パワーポイントなどで作ったプレゼンテーション用の資料を出しながら、会議の相手に説明することができるようになる。PCの種類にもよるが、手書きに対応しているものであれば、ホワイトボードの代わりにもなりそうだ。

LINEのグループビデオ通話は、グループトークの画面から呼び出すことができる。「トーク」の画面を開いて、右上の「トークルームを作成」のアイコンをタップし、「グループ」を選択。グループに加えたい人を選択する。グループができたら、画面上部にある通話ボタンをタップして、「ビデオ通話」を選択する。グループビデオ通話に招待した相手は、グループトークで「参加」をタップすればいい。

標準機能ではないが、LINEはほとんどのスマートフォンユーザーがインストールしているアプリ。FaceTimeのようにプラットフォームの制限もないため、幅広い相手と利用できるはずだ。プライベート用のメッセージアプリと思われがちなLINEだが、ビジネスに応用できる機能は意外と多い。

リモートワークだからと気負ってさまざまなツールを探すのもいいが、それだけに時間を取られてしまっては本末転倒。まずは身近なアプリの機能を、改めてチェックしてみよう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT