プリウスが抱える懸念、中古車でも人気沸騰だが電池劣化がアキレス腱に?

新車のプリウスは月2万~3万台の販売台数を維持しており、10月に発表した中型セダンの「SAI(サイ)」も発売前の受注台数が1万4000台と、好調な滑り出しを見せている。中古ハイブリッド車の流通は今後さらに増えていくだろう。

「トヨタ系列の販売店には電池について勉強してもらっているし、新型プリウス発売時に全社的な研修もした。トヨタ全チャネルで整備拠点も整えた」と前出のトヨタ幹部は説明する。だが、現実はトヨタには目配りできないルートで売買される車が大多数である。今後はすべてのプリウス搭載電池に一定の品質を保証するメーカー認定制度の導入や、全国津々浦々の整備士を対象にした電池の品質認定技術の普及努力など、まだ改善の余地がありそうだ。

ハイブリッド車が日常風景に溶け込み始めた今、販売サイドの責任も日増しに重くなっている。

■業績予想、会社概要はこちら

(高橋由里、大野和幸 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT