プリウスが抱える懸念、中古車でも人気沸騰だが電池劣化がアキレス腱に?

プリウスが抱える懸念、中古車でも人気沸騰だが電池劣化がアキレス腱に?

トヨタ自動車のプリウス人気が、中古車にも波及している。

初代発売から12年が経過し、今年5月のモデルチェンジで旧型から新型への乗り換えが進んだことで、コンスタントに台数が増え出した。一方、3代目の新型プリウスは依然として半年以上の納車待ちが続く。待ちきれない消費者が即納車できる中古プリウスに流れ、供給、需要双方がにわかに活気づいているのだ。

「I市からお越しの鈴木様、平成21年型プリウスSツーリング、ご成約されました」。9月下旬、中古車大手のガリバーインターナショナルが千葉県内で開いた「ハイブリッドカー展示即売会」。会場には、売買成立を知らせる放送がひっきりなしに流れた。新車価格245万円の新型プリウスSツーリングが、300万円前後で次々売れていく。新車価格327万円の最上位モデルには370万円の値札。消費者は高額なプレミアムを払うことをいとわない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。