プリウスが抱える懸念、中古車でも人気沸騰だが電池劣化がアキレス腱に?

プリウスが抱える懸念、中古車でも人気沸騰だが電池劣化がアキレス腱に?

トヨタ自動車のプリウス人気が、中古車にも波及している。

初代発売から12年が経過し、今年5月のモデルチェンジで旧型から新型への乗り換えが進んだことで、コンスタントに台数が増え出した。一方、3代目の新型プリウスは依然として半年以上の納車待ちが続く。待ちきれない消費者が即納車できる中古プリウスに流れ、供給、需要双方がにわかに活気づいているのだ。

「I市からお越しの鈴木様、平成21年型プリウスSツーリング、ご成約されました」。9月下旬、中古車大手のガリバーインターナショナルが千葉県内で開いた「ハイブリッドカー展示即売会」。会場には、売買成立を知らせる放送がひっきりなしに流れた。新車価格245万円の新型プリウスSツーリングが、300万円前後で次々売れていく。新車価格327万円の最上位モデルには370万円の値札。消費者は高額なプレミアムを払うことをいとわない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。