プリウスが抱える懸念、中古車でも人気沸騰だが電池劣化がアキレス腱に?

プリウスが抱える懸念、中古車でも人気沸騰だが電池劣化がアキレス腱に?

トヨタ自動車のプリウス人気が、中古車にも波及している。

初代発売から12年が経過し、今年5月のモデルチェンジで旧型から新型への乗り換えが進んだことで、コンスタントに台数が増え出した。一方、3代目の新型プリウスは依然として半年以上の納車待ちが続く。待ちきれない消費者が即納車できる中古プリウスに流れ、供給、需要双方がにわかに活気づいているのだ。

「I市からお越しの鈴木様、平成21年型プリウスSツーリング、ご成約されました」。9月下旬、中古車大手のガリバーインターナショナルが千葉県内で開いた「ハイブリッドカー展示即売会」。会場には、売買成立を知らせる放送がひっきりなしに流れた。新車価格245万円の新型プリウスSツーリングが、300万円前後で次々売れていく。新車価格327万円の最上位モデルには370万円の値札。消費者は高額なプレミアムを払うことをいとわない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT