プリウスが抱える懸念、中古車でも人気沸騰だが電池劣化がアキレス腱に?

プリウスが抱える懸念、中古車でも人気沸騰だが電池劣化がアキレス腱に?

トヨタ自動車のプリウス人気が、中古車にも波及している。

初代発売から12年が経過し、今年5月のモデルチェンジで旧型から新型への乗り換えが進んだことで、コンスタントに台数が増え出した。一方、3代目の新型プリウスは依然として半年以上の納車待ちが続く。待ちきれない消費者が即納車できる中古プリウスに流れ、供給、需要双方がにわかに活気づいているのだ。

「I市からお越しの鈴木様、平成21年型プリウスSツーリング、ご成約されました」。9月下旬、中古車大手のガリバーインターナショナルが千葉県内で開いた「ハイブリッドカー展示即売会」。会場には、売買成立を知らせる放送がひっきりなしに流れた。新車価格245万円の新型プリウスSツーリングが、300万円前後で次々売れていく。新車価格327万円の最上位モデルには370万円の値札。消費者は高額なプレミアムを払うことをいとわない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。