ロシア対外諜報のトップが語る日本との関係

日本は良き隣人、アメリカの存在が問題だ

セルゲイ・ナルイシュキン対外情報庁長官へのインタビューが思いがけず実現した(写真:筆者撮影)
個人的にモスクワを訪れていた筆者のところへ突然、ロシア対外諜報機関のトップから、「会いたい」との連絡が来た。その経緯は、第1回目「ロシア対外情報庁長官が語るアメリカと中国」でお伝えした。セルゲイ・ナルイシュキン対外情報庁(SVR)長官インタビューの第2回目は、ロシアと日本との関係、日ロ平和条約へ向けた交渉、今年予定される安倍首相のロシア訪問と両首脳の会談がテーマ。

 

石川 日本との関係をお聞きしたい。日本とロシアとの間では、複雑で困難な平和条約交渉が行われています。日本はアメリカと安全保障条約を結んでいますが、これは日本の安全を保障するための選択であり、第3国に対抗するものではありません。ロシアは日米安保のどこに懸念を抱いているのですか。日本は同時に北東アジアの平和と安全を強化するためにもロシアとの関係を強めたいと考えています。ロシアは日本とアメリカの関係のどこに懸念を抱いているのですか。

ナルイシュキン これは対外情報庁(SVR)長官としてではなく、まったく個人的な意見ですが、私は驚きを感じます。いつですか、日本がアメリカと同盟を結んだのは。

石川 1951年ですよ。

ナルイシュキン 1951年ですか。日本は約70年前にアメリカを自らの安全の保証人としました。なぜですか。1945年にアメリカは日本に原子爆弾を投下しました。若い世代の日本人は忘れているかもしれませんが、あなたはよく覚えていますよね。私もよく覚えています。それでもアメリカを保証人としたことに驚き、奇妙に思います。もちろんこれは日本の自らの主権に基づく選択でしょうし、今も日本の権利でしょう。でも私は驚きを覚えます。本当に、SVR長官としてではなく一個人としてそう思うのです。

ロシアを「敵」と規定するアメリカの軍隊の存在

石川 あなたが(下院議長として)訪日した時、原爆投下は「人道に対する罪」だと述べたことを私は覚えています。

ナルイシュキン 私は心底、原爆投下は戦争犯罪であり、「人道に対する罪」だと思っています。考えてみてください。今、核兵器を一般市民に対して使用したらどのような反応が起きるのか。考えてみてください。被爆者の多くは広島や長崎の一般市民でした。仮に今日再びそのようなことが起きれば、「人道に対する罪」以外の何物でもないですよね。しかも、今もって被爆者は原爆症で苦しんでいます。私は広島、長崎に原爆投下された日にはいつも被爆した方々のことを思って心が痛みます。これはあくまで私の個人としての意見です。

それはそれとして、日本は自らの主権に基づいて安全の保証人を選びました。ロシアと日本は、隣人として良い関係にあります。神によってわれわれは隣人となり、今後とも良き隣人であり続けることを期待しています。簡単に言いますと、私は日本には何の文句もありません。しかしあなた方の保証人、アメリカ合衆国は自らのドクトリンや安全保障の戦略文書において、ロシアを自らの「反対者」としています。

いくつかの文書ではもっとひどい表現をしています。「敵」と規定しているのです。この文脈でロシアとしては日本とアメリカの軍事同盟を心配するのは当然でしょう。軍事同盟そのものと、その同盟がどのように具体化しているのか、かなり強力なアメリカ軍の部隊が日本に配備されています。この点でロシアが平静でいられるわけがないじゃないですか。私たちの国境のすぐそばですよ。そこにロシアを敵国と考える国のかなり強力な軍隊が存在する。これはロシアにとっては脅威でしょう。

次ページアメリカの衝動的、攻撃的な外交政策
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。