英語の発音矯正に役立つ「Siri」の意外な活用法

うまく英語を話すためには「筋トレ」も必要だ

「英語発音」矯正の仕上げには英語設定の「Siri」(「OK Google」)が使えるようです(写真:Wachiwit/iStock)
書いたブログが「英語 独学」Google検索1位を獲得した新井リオ氏。「GirlとWorldが言えない」という壁に直面した彼が、発音矯正のためにやったこととは? 留学経験も参考書もいらない独自の英語学習法を明かした書籍『英語日記BOY~海外で夢を叶える英語勉強法』より一部抜粋、再構成してお届けします。

ミニ海外と化した部屋で「英語ひとりごと」を繰り返す毎日の中、僕は「発音」に関して、ある壁にぶち当たっていた。

日本人が「英語発音」を苦手な理由

それは、「GirlとWorldが言えない」ということだ。この2単語に関しては、どれだけ練習してもうまく発音できなかった。そもそも、なぜ日本人は英語発音がうまくないのか?

それは、僕たちが「カタカナで単語を理解」→「それを英語っぽく発音してみる」という流れで英語を話してしまっているからだ。例えば、“Girl”と“World”を発音するとき、僕たちはまず、頭に「ガール」と「ワールド」というカタカナを思い浮かべる。そして、それをなんとか「英語風」に言おうする。

しかし、「ガール」と「ワールド」が出発地点になっている時点で、僕たちは正しい発音をすることができない。なぜなら、「どれだけカタカナを組み合わせても出ない音」が、ネイティブの英語発音だからだ。

例えるなら「くしゃみ」と同じだ。くしゃみは「ハックション」などとカタカナ表記されることがあるが、実際には「ックシャン!!」のような、カタカナでは表しようのない破裂音が口から出ているだけだ。「ハックション」をどう工夫しようが、本物のくしゃみ音にはならない。英語もこれと同じなのだ。

僕たちは、カタカナの概念を完全に忘れ、くしゃみでいうところの破裂音(これがネイティブの英語発音)を再現できるようにしなければならない。

そこで僕は、英語設定に変えた「Siri」を使った、発音矯正メソッドを思いついた。以下、詳しく説明していく。

次ページ「Siri」を使った発音矯正メソッドとは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT