意外と知らない「ウイルスと人体」のメカニズム

コロナウイルスが広がる今押さえておきたい

皮膚の体温調整機能(図:小林哲也)

ところが、寒くなると体の熱が大幅に失われて体温が下がり、代謝も下がってしまう。そのため交感神経が働き、皮膚の表面を走る動脈を収縮させて血流を減らし、放熱を抑えているのだ。これは、動物の中で人間だけが発達しているしくみだという。というのも、人間には動物のような全身を覆う毛がないからだ。

動物は寒さに直面すると、放熱を抑えるために通常は寝かせている毛を立てる。毛を立てると皮膚に接する空気の量が増え、毛の中の空気は循環しないため皮膚で温められて、温かい層が断熱効果を生んでいる。

鳥肌が立つしくみ(図:小林哲也)

私たちは“すごいしくみ”と共に生きている

では、このしくみは人間に残っていないのか。

『雑学科学読本 身のまわりのすごい「しくみ」大百科』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

実は、鳥肌がその反応の名残なのだ。他の動物のような全身を覆う毛がなくなっても、人間には「立毛筋」という毛を立てる筋肉が残っている。

寒さを感じると、この筋肉が収縮して毛穴をきゅっと締め上げ、いぼいぼの皮膚(鳥肌)になるのだ。ただし、肝心の毛がないため、放熱防止という意味ではそれほど効果はない。

ちなみに、寒いとゾクゾクするのも立毛筋が収縮するから。夏の怪談にゾクゾクして鳥肌が立つのも、同様の理由なのだ。

以上、今の寒い季節、私たちの体につきものである「風邪」や「ウイルス」、さらに「鳥肌」など、メカニズムの視点から連想される人体のしくみについて解説したが、ほぼ毎日といえるほど自分の身に生じていることなのに「そもそもよく知らない」ことは意外なほどたくさんある。私たちは今、“すごいしくみ”と共に生きているのだ。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。