意外と知らない「ウイルスと人体」のメカニズム

コロナウイルスが広がる今押さえておきたい

人間の体温は、常に内臓や筋肉が活動して熱を生み出しつつ、体の表面から余分な熱を逃がすことで調整され、ちょうどいい体温の「セットポイント」が設定されている。

体温のセットポイント(図:小林哲也)

ウイルスなどの病原体が体内に入ると、血管や粘膜にある、免疫に関わる細胞が病原体の侵入を察知し、免疫反応の信号を出す。そして、その信号や病原体を脳の細胞が感知し、体温のセットポイントを通常より高く設定。脳からの指令が神経細胞を通して全身に伝えられると、体の表面の血管が収縮したり、皮膚の汗腺を閉じて汗が逃げないようにするとともに、筋肉を収縮させて熱をつくり出すのである。

熱が出るしくみ(図:小林哲也)

寒いときに「鳥肌」が立つのはなぜか?

さて、風邪といえば、“寒いぼ”とも呼ぶ「鳥肌」も関連性があるだろう。人間は寒さを感じると体がこわばったり、鳥肌が立ったりする。そもそも、人間を取り巻く空気の温度は、一部の地域を除き、体温よりも低いのが普通である。そのため、心臓から全身へ送られた温かい血液は、空気と接する皮膚で放熱して体温を一定に保っている。皮膚は、自動車でいう「ラジエーター」のような役割を果たしているわけだ。

次ページ皮膚の体温調整機能
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT