タピオカや恵方巻を捨てまくる社会のゆがみ

「目先の利益」だけを追う店も後を絶たない

一方で質のよさと適正な販売数量を守る老舗店も存在する。その1つが、東京・日本橋に本店を構える和菓子店の榮太樓(えいたろう)總本鋪だ。同社は文政元年(1818年)創業で、200年以上の歴史がある。

榮太樓總本鋪は原材料に徹底してこだわり、餅米などを完全無農薬・無化学肥料で生産する農家から調達している。

同社の副社長・細田将己氏は「本来の餅は、餅米を蒸してペッタンペッタンついて作るものだ。だがスーパーなどで販売されている餅のほとんどは簡易的に餅粉を使った歯応えのないもの。賞味期限を優先するために、大量に砂糖が入れられ、デンプンの硬化防止剤が使用されていることが多い。そのため私たちの考える自然な餅菓子の賞味期限よりはるかに日持ちはするが、おいしさは反比例してしまう」と話す。

原材料にこだわりを持つ榮太樓總本鋪だが、年ごとの気候条件等により農家からの原材料調達が足りず、欠品の恐れも出てくる。「難しい問題だし、リスクを取りながらやっていくしかない。販売店には「発注量がこの数を超えたら、販売できません」とお願いしておく。そうすると、おのずと販売するチェーンも限られてくる」(榮太樓總本鋪・細田将己副社長)。

榮太樓總本鋪は、稼ぐ金額だけを追求してきたのではない。和菓子の品質にこだわり、真摯に考えてきたからこそ、200年という長い年月、生き残ってこられたのだろう。

企業は売り上げだけを追ってはいけない

前述の恵方巻やタピオカ店のように、「稼ぐ金額」を誇る個人や組織を見ると、「本当はそこだけじゃないのに」と歯がゆくなる。仕事の結果としてお金がついてくるのに、お金が先になってしまい、それしか見えなくなっている。「裸の王様」のごとく、気づくことができていない。

本来、仕事とは、(1)社会に貢献(2)自分(自社)の実績と信頼性を築く(3)対価としてお金を得るものであるはずだ。(1)と(2)をすっ飛ばして(3)だけ得られるというものではないだろう。

ただでさえSDGs(国連の「持続可能な開発目標」)の周回遅れと評されている日本、これ以上、稚拙さを世界にさらさないことを祈っている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT