東京駅ナカも始めた「食品ロス救済」の抜本改革

DEAN & DELUCAも加盟する「TABETE」って何だ

東京駅構内のDEAN & DELUCAベーカリーコーナー。8月23日より、フードロス対策としてのTABETEの導入がスタートした(筆者撮影)

近年、飲食業界のみならず世界で大きな課題となっているのがフードロスだ。日本の現状はというと、平成28年度の食品ロス(本来食べられるのにもかかわらず捨てられてしまうもの)は年間で643万トンに上るとされている(環境省調べ)。

フードロス問題について世界の動きをご説明すると、2011年5月に国連食糧農業機関より報告された研究結果を受け、翌2012年6月に国連事務総長が「Zero Hunger Challenge」を宣言した。その取り組み目標の1つとして、「責任ある消費を含め、食料ロスあるいは廃棄をゼロにする」ことが掲げられている。日本でも徐々に行政や企業での取り組みが広がり、2019年10月に「食品ロスの削減の推進に関する法律(食品ロス削減推進法)」も施行された。

食品ロス削減の取り組みの1つ「TABETE」

2018年4月からサービスをスタートしているTABETEもそうした取り組みの1つ。ウェブプラットフォーム上で店舗と消費者をマッチングし、商品を「レスキュー」するサービスだ。現在、東京都を中心とする300店舗が加盟、会員数16万人を擁するほか、石川県金沢市や静岡県浜松市など自治体との連携も進めている。

TABETEの出品画面。好きな店舗や近くの店舗を「お気に入り」に登録しておけば、出品された時点で通知される(筆者撮影)

流れとしては以下のとおり。店舗でロスが発生しそうになると、写真やレスキュー価格といった情報をTABETEに掲載する。すると会員に通知され、マッチングが成立すればカードなどの事前決済が行われる。後は会員が店に取りに行くだけだ。

店にとっては負担が少なく、またユーザーにとっては人気店の商品が250~680円と安く入手できるメリットがある。

このたび、東京駅の飲食店街を運営する鉄道会館がTABETEを導入。8月23日より、一部店舗にて先行スタートした。対象は東京駅構内「グランスタ」と改札外の「グランスタ丸の内」に入居する、ブランジェ浅野屋、DEAN & DELUCA、マンゴーツリーキッチンなど計6店舗だ。

次ページTABETE導入の理由は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT