全盲の19歳娘を育て「居場所」作る母のリアル

私は「地域で一緒に」という言葉に救われた

生まれつき全盲の娘を持つ岡田純子さん(写真:リディラバジャーナル編集部)
産まれてきた子どもに障害があったら、また子育てをするなかで障害があることが発覚したら、子どもの親は何を思い、どんなことに悩むのか。
リディラバジャーナルの連載「障害児の子育てのリアル」では、さまざまな障害のある子どもの親へのインタビューを通して、「障害児の親になること」の現状や課題を伝えている。
生まれつき全盲の娘を持つ岡田純子さんは、19歳になる長女が楽しく活動できる作業所をつくりたいという思いから、NPO法人を立ち上げた。今は視覚障害者への理解を広げるイベントなどを開催している。

どうやって病院から帰ったのか記憶がない

――娘さんの障害に気づいたのはいつ頃でしたか。

とくに妊娠中に何かあったわけではないのですが、娘は生まれつきの全盲でした。

当記事は「リディラバジャーナル」からの転載です(元記事はこちら)。同サイトは有料会員制メディアです。リディラバの考え方はこちらをご覧ください。

生まれて数カ月すると赤ちゃんは、追視といって、動くものを追って眼球を動かすのですが、それを全然しなかったんです。見た目はいわゆる普通の赤ちゃんだったので、親としてはずっとおかしいなと思いつつ、でも大丈夫だろうと思っていました。

それでもちょっと心配だったので、3カ月健診の後ぐらいに小児医療センターに連れて行きました。目を診るときは、お医者さんがぱっとライトを当てますよね。そのとき、娘は瞬きもしないで、目を開いたままキャッキャしてたんです。

それで、あっやっぱり……と思って。

いろんな検査を経て、おそらく全盲だろうと言われました。その日は、どうやって病院から帰ったのか覚えていないですね。もう、わーわー泣いて。自分しか責めるものがないという状況でした。

次ページ状況をどう受け止めてきたのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT