職業寿命が短い「夜の女性」の深すぎる苦悩

辞められない・貯まらないという大問題

俗嬢として働く年数が長い女性ほど、業界から抜け出せない(写真:リディラバジャーナル)

「50歳過ぎるとどうなっちゃうのかな。先輩は、連絡がつかなくて、何やってるかも分からないです。めちゃくちゃ格安の店に一時期いたってのは知ってるんですけれども。あれだけ稼いでて、ついにあそこ行ったのかって、みんな言うから」

当記事は「リディラバジャーナル」からの転載です(元記事はこちら)。同サイトは有料会員制メディアです。なぜリディラバが、課金型メディアに挑戦するのか。どのようなメディアを読者と作り上げていこうと考えているのか。リディラバの考え方はこちらを御覧ください。

39歳で現役ソープ嬢のリエさん(仮名)は、売れっ子だった先輩女性について振り返りながら、自身の将来について漠然とした不安を打ち明けました。

今回の記事で編集部が注目したのは「風俗嬢を辞めるとき」。性風俗業界に見られるのは、風俗嬢として働く年数が長い女性ほど、業界から抜け出せないという問題です。

「風俗で働くと共通してヤバイことは、みんな年をとると辞めざるを得なくなることです。若いころ風俗で稼げていても貯金をしていない人も多く、辞めたあと生きていけないと大変なので、風俗行くと引退のときに結構困るんですね」

一般社団法人GrowAsPeople(以下GAP・東京都)は、昼の仕事に転職する風俗嬢のサポートをしています。代表の角間惇一郎さんはこう語ります。

「みんな、なんで働いているのかという入口の理由を聞くんですよね。でも実際に現場にいると、そんなにドラマチックな理由を持った人っていうのはあまりいないですよ。自分たちが一番重視していることは、出口で女性が抱える現実的な悩み。風俗をやるってことは必ず辞める瞬間があるんです」

性風俗を辞められる人、辞められない人

第一回「99.99999%がお金のため。そのくらい風俗嬢はきつい仕事です」では、風俗嬢を始める理由のほとんどは「お金のため」であることを見てきました。一方で、彼女たちが辞めていくきっかけは多種多様。

GAP代表・角間惇一郎さん(写真:GAP提供)

例えば、稼ぐことができず「自分には向いていない」とすぐに業界を出ていく人もいれば、大学卒業や結婚などのライフイベントをきっかけに辞める人もいます。

独立や留学など将来のための目標貯金額を達成したり、マッサージやネイルアートの資格を取得したりなど、次のステップへの準備を整えて出て行く人もいます。

次ページ目標意識が高い人は…
関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。