それでも若き金融エリートが「香港」に残る理由

デモと新型肺炎「全く大きな問題ではない」

景気後退の局面に立たされている香港で働く20~30代の若者たちは、自国の未来をどう捉えているのだろうか(写真:uschools/iStock)

香港といえば世界有数の金融センター。その中でも投資銀行やヘッジファンドに勤める20〜30代の若者たちは、まさに「花形」の職業に就いているといえる。

この連載の一覧はこちら

香港の投資銀行は、IBD(投資銀行部門)であれば初任給が年収75万HKD[1ドル14円として(以下同)1050万円]ほど。ヘッジファンドに至っては、基本の年俸が75万HKD~140万HKD(1050万~2000万円)、加えて業績に連動したボーナスが支給され、年収1億円を超えるトレーダーも珍しくない。

しかし、半年以上続いた民主化デモののち、コロナウイルス肺炎の流行で、かつてないリセッション(景気後退)の局面に立たされている香港経済。若きエリートたちは、香港や自分たちの未来をどう捉えているのか。20代から30代で、投資銀行とヘッジファンド勤める3人の男女に聞いた。

「不安に思うことはない」

3人のプロフィール
カイル:30代男性、ヘッジファンド勤務、トレーダー
ケニー:30代男性、欧米系投資銀行勤務、IBD(香港市場のIPOや、企業間のM&Aなどを担当する投資銀行部門)
エリカ:20代女性、欧米系資産運用会社勤務、富裕層の資産運用を担当

まず気になるのが、香港の景気後退が彼らの仕事に影響を及ぼしていないのか、という点だ。例えば2008年のリーマンショックの際は、香港でも多くの金融パーソンが職を失った。リーマンショックほど金融市場を直撃しないとしても、香港の景気は、2003年にSARSが流行したとき以来10年ぶりのリセッションに突入している。

職が危うくなったり、減俸になったりすることはないのだろうか。直近はよくても、今後について不安に思うことはないのか。そう問いかけてみると、3人は一様に首を横に振った。

次ページデモと新型肺炎は「大した問題ではない」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。