それでも若き金融エリートが「香港」に残る理由

デモと新型肺炎「全く大きな問題ではない」

景気後退の局面に立たされている香港で働く20~30代の若者たちは、自国の未来をどう捉えているのだろうか(写真:uschools/iStock)

香港といえば世界有数の金融センター。その中でも投資銀行やヘッジファンドに勤める20〜30代の若者たちは、まさに「花形」の職業に就いているといえる。

この連載の一覧はこちら

香港の投資銀行は、IBD(投資銀行部門)であれば初任給が年収75万HKD[1ドル14円として(以下同)1050万円]ほど。ヘッジファンドに至っては、基本の年俸が75万HKD~140万HKD(1050万~2000万円)、加えて業績に連動したボーナスが支給され、年収1億円を超えるトレーダーも珍しくない。

しかし、半年以上続いた民主化デモののち、コロナウイルス肺炎の流行で、かつてないリセッション(景気後退)の局面に立たされている香港経済。若きエリートたちは、香港や自分たちの未来をどう捉えているのか。20代から30代で、投資銀行とヘッジファンド勤める3人の男女に聞いた。

「不安に思うことはない」

3人のプロフィール
カイル:30代男性、ヘッジファンド勤務、トレーダー
ケニー:30代男性、欧米系投資銀行勤務、IBD(香港市場のIPOや、企業間のM&Aなどを担当する投資銀行部門)
エリカ:20代女性、欧米系資産運用会社勤務、富裕層の資産運用を担当

まず気になるのが、香港の景気後退が彼らの仕事に影響を及ぼしていないのか、という点だ。例えば2008年のリーマンショックの際は、香港でも多くの金融パーソンが職を失った。リーマンショックほど金融市場を直撃しないとしても、香港の景気は、2003年にSARSが流行したとき以来10年ぶりのリセッションに突入している。

職が危うくなったり、減俸になったりすることはないのだろうか。直近はよくても、今後について不安に思うことはないのか。そう問いかけてみると、3人は一様に首を横に振った。

次ページデモと新型肺炎は「大した問題ではない」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT