人口急減時代の「日本」という国のたたみ方

「47都道府県」のあり方をいま一度考える

人口減少時代を見据え、国と地方の統治システム全体を賢くたたみ、再構築する必要性が明白になっています(写真:カラーベアー/PIXTA)

2018年は明治維新から150年の節目の年でした。”西郷どん”こと西郷隆盛ら維新革命を起こした人物がテレビなどで話題になり、明治維新150年を祝う行事も各地で行われました。明治維新へのこうしたノスタルジーは、日本にいま何となく漂う不安感、先の見えない閉塞感の表れなのかもしれません。

経済の「広域化」、自治体の「狭域化」

これから日本は、歴史上経験したことのない人口減少期に入っていきます。明治維新からここまでの150年間、ひたすらヒトは増え、所得は増え、税収は増えました。成長の続く「右肩上がり社会」でした。人口は1世紀で3倍強に増えました。日本にとって20世紀は異常な「人口大爆発」期でした。しかし、この先は坂を下るように人口が減り始め、年を追うごとに下り坂がきつくなっていきます。

染み付いたかつての成功体験にとらわれることなく、時代に合うよう、いろいろな分野で見直しが必要になっています。筆者の専門分野である地方自治に関して言えば、人口減少時代を見据え、国と地方の統治システム全体を賢くたたみ、再構築する必要性が明白になっています。

1つ数字を挙げておきましょう。現在、人口100万人に届かない県が、すでに10県あります。しかし、2045年にはこれが19県に増えると見られます。しかも人口の減り方がすさまじいのです。現在97万人の秋田県は60万人にまで減る予定で、このままでは人口70万人規模の政令市よりも人口が少なくなってしまいます。

市町村という「基礎自治体」と、県という「広域自治体」の逆転現象があちこちで生じていくのです。人口減少は、都道府県という広域自治体の持続可能性に疑問符をつけざるをえないほど、劇的に進んでいくのです。

次ページ広域化が世界の潮流に
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT