東京・神津島が「星空の世界遺産」に挑むワケ

国内2例目、環境配慮型の新しい街おこし

神津島の海岸から見た星空(写真:神津島村)

東京から大型客船で約12時間。伊豆諸島のほぼ真ん中に浮かぶ神津島(こうづしま)は、八丈島や三宅島などと並ぶ「東京諸島」の1つだ。周囲約22キロメートルで人口はわずか1920人。その小さな島が、新たな街おこしに挑戦している。

切り口は「星空」。最近では長野県阿智村や岡山県浅口市など、星空を売り物にした自治体が増えている。その中で神津島が特徴的なのは、自然環境保護を徹底させる姿勢にある。

「星空保護区」の取得を目指す

神津島が目指すのが「星空保護区」の取得だ。星空保護区は、天文学者や環境学者らで作るNPO国際ダークスカイ協会(本部・アメリカ)による国際的な認定制度。夜空の暗さや屋外照明に厳しい基準があり、「星空版世界遺産」とも称される。欧米を中心に103カ所が認定されており、2018年3月には沖縄県の「西表石垣国立公園」が国内で初めて選定された。

神津島が星空保護区を目指すきっかけは、都が推進する東京宝島事業だった。同事業は東京島しょ地域のブランド化を目指す取り組みで、2017年から始まった。だが、当初は「何が神津島の宝なのか、自分たちではわからなかった」(前田弘村長)。

宝島事業とは別に、神津島では2016年夏ごろから、星空を島以外の人たちにアピールしようとする取り組みが始まっていた。星空ガイドを独自に認定、現在では18人まで増えた。

その中に、ニュージーランドのテカポ湖でガイドをした経験のある人がいた。テカポ湖村は人口300人にもかかわらず、その星空を見に世界中から観光客が訪れる、星空観光のメッカだ。そのテカポ湖が取得していたのが星空保護区だった。「テカポ湖のように星空保護区の取得を目指したらどうか」。そうして、保護区認定に向けた取り組みが始まった。

そこからは早かった。2019年10月に基礎調査を実施。同年12月には島全域を星空公園に指定、屋外照明の明るさや点灯時間の制限などを定めた条例も制定した。現在では今年6月の申請を目指している。

次ページ星空保護区認定のハードル
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT