病気治療中の人が活躍する職場の"意外な秘密"

がんに罹患した後に月間MVPを獲れた背景

がんなど病気治療中でも職場で活躍する人がいます。その秘密とは?(写真:筆者撮影)

国立がん研究センターの統計によると、2016年にがんと診断された約100万人中、15歳から64歳の就労世代は約26万人。全体の約3割だ。

だが、治療しながら働く人の声を聞く機会は少ない。仕事や生活上でどんな悩みがあるのか。子どもがいるがん経験者のコミュニティーサイト「キャンサーペアレンツ」の協力を得て取材した。

2014年の盲腸手術でがんが見つかった、人材紹介会社勤務の金澤雄太さん(37)。前回記事で取り上げたように、彼は復職後、自ら管理職を降格して働き続け、2018年には月間MVPを受賞している。

金澤さんの会社には、がん経験者のための就労支援制度はない。では、なぜ大腸がんで、複数回の転移経験がある金澤さんは、そんな活躍ができているのか。今回は、金澤さんが職場の上司と登壇したトークイベントを入り口に、職場の秘密を探っていく。

「待っているから必ず戻ってこい」と言える上司

「がん治療中の部下と上司のいい関係」というイベントが、2019年6月に都内で開かれた。主催はがんアライ部。治療しながら働くがん経験者が、いきいきと働ける社会の実現を目指す民間プロジェクトだ。がん経験者への就労支援制度を整備する企業の表彰も行っている。

この連載の一覧はこちら

金澤さんは、32歳で受けた盲腸手術で切除した部分にがんが見つかった。イベント冒頭、金澤さんが約5年前に、上司に電話で診断内容を伝えたときのエピソードが印象深かった。

「上司は一瞬息を飲んでから、『待っているから必ず戻ってこい』と言ってくれました。それまで雇用と収入の両面でモヤモヤしていた不安が、その一言でいったんなくなり、とてもうれしかったですね」

もしも、上司に電話口で落胆され、今後の処遇についても言葉尻を濁されていれば、金澤さんは休職中も不安に苦しめられていたはずだ。

その後、彼が最初に復職した際には、同じ上司が「業務量も売上目標も変えないまま、まずはチャレンジしてみよう。結果が厳しければ、その都度考えていこう」と、話してくれたという。今振り返ると、上司が自分のことを甘やかさなかったことがよかったと、金澤さんは語った。

次ページ病気を言い訳にしない基本姿勢がもてた
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。