病気治療中の人が活躍する職場の"意外な秘密"

がんに罹患した後に月間MVPを獲れた背景

「あのとき腫れもの扱いされなかったから、僕も『病気を言い訳にせず、ちゃんと仕事をしよう』という基本姿勢を持つことができました。ある意味、当時の上司のおかげだと思います」(金澤さん)

ここで新たな疑問が湧く。なぜ、金澤さんの当時の上司は「待っているから必ず戻ってこい」と、断言できたのだろうか。

がんと出産経験者への対応は同じという視点

その疑問を解くヒントは、今回のイベントに金澤さんと登壇した、彼の現上司である春野直之さんの言葉にある。

「がんに限らず病気治療中の社員と、子育て中の社員への対応はほとんど同じです。『妊娠して育児休暇に入る時期がある人』と、『がんになって、この時期は入院治療が必要で、あとは通院治療で大丈夫という人』は、休みの予定が事前にわかる点というで、近しいものがありますから」

しかも、産休明けの社員は子どもの発熱やケガで、突発的な対応を迫られる。がん経験者も同様に、復職後に平日の定期検診や、急な体調不良に直面するなど共通点が多い。

企業の採用支援が主要業務である金澤さんの場合、定期検診や急な体調不良で休むときに、取引先にどう対応するかがいちばんの課題。同僚の誰かに代理対応をお願いする必要があるためだ。

「現在は服用する薬はなく、定期検診だけです。それでも、疲れがたまりやすい月末などに、強い倦怠感を覚えることもあります。体調不良で無理がきかないと思ったときには、上司に率直に伝えるようにしています。先日も会社の休憩室で、90分ほど休ませてもらいました」(金澤さん)

休む日程が事前にわかる場合は自分で調整できるが、突発的な場合は2つのパターンがあるという。「短期型」と「長期型」だ。

「短期型は、休む(かもしれない)期間が1日から数日間のもので、同じ部署の人間が代理で取引先に対応してくれます。もしも、この間に成約があっても、臨時で対応した社員に売上の数字はつきません。

その代わり日頃、代理対応をしてくれている同僚が、平日に有給を取得する際は、私が彼の取引先に対応することもあります。ですから社内では『お互いさま』という認識ですね」(金澤さん)

長期型は、目安として1カ月以上の休職への代理対応だ。

「その場合、休職する社員の業務を小分けにして、複数社員で分担します。その間に成約した場合、売上数字は代理対応した社員たちに付きます。成約可能性が高い顧客を引き継ぐことが多いので、代理対応をする社員にメリットが生まれます」(金澤さん)

これなら女性も出産後に復職しやすく、がんが見つかっても、治療しながら働くイメージを、若手社員も共有しやすいはずだ。

上司の春野さんはイベント時にこう補足していた。

「語弊を恐れずに言うと、私はがん患者という前提で、金澤と会話したことがないんです。ほかの社員にも特別な対応はさせていません。1人が休めば誰かが代わりに、その仕事をやるのが当たり前という社風があり、それは当社にワーキングマザーが多いこととも関係していると思います」

また、金澤さんは復職後、従来のプレーイングマネージャーか、役職なしのプレーヤーとして戻るのかを、会社側から意思確認されている。彼は体力面での不安や、家族と過ごす時間も確保したいという理由で、役職なしのプレーヤーとしての復職を自ら決めた。

仕事と治療を両立するうえで2種類の代理対応があり、復職前に働き方について、本人の意思を尊重する社風があること。記事冒頭、当時の上司が金澤さんに「待っているから必ず戻ってこい」と、即答できた理由がそこにある。

次ページ定期検診と体調不良に対応できる仕組み
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT