「職場でのいじめ」を回避するための2つの方法

いくら自分が正しくても「正攻法」はダメだ

職場の人間関係は、ある日突然亀裂が入ることもしばしば……。攻撃をかわすにはどうしたらいいでしょうか(写真:freeangle/PIXTA)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。

職場の人間関係は、毎日のことゆえに深刻なことが多くあります。今までうまくやっていたのに、ある日突然、亀裂が入るなんてことも、しばしばです。とくに、身近な上司や先輩との関係性が悪化すれば非常事態にもなりかねません。

間違いを指摘したら、目の敵にされるように

例えば、優しくてなんでも相談できる先輩に、ある日、間違いを指摘したら、急に感情的に自己主張されて、それ以来、目の敵にされるようになったという相談は、後を絶ちません。

この連載の記事一覧はこちら

こうした相手は、自分に自信がなく、自己肯定感が低い傾向があります。それゆえに、自分が支配できると思う相手を近くに置くことによって安心感を得たい気持ちが強く、新しく入ってきた新人や後輩に、必要以上に丁寧に指導するなどして、囲い込みを図ります。要するに手なずけることに一生懸命になるわけです。

ところが、時間とともに後輩が成長し、教えることが少なくなるなど、自分の出る幕がなくなってくると、途端に攻撃に転じやすくなります。自分よりも能力を発揮するようになればなおさらです。支配欲をそがれる恐怖のあまり、攻撃をしてくるのです。このような人の特徴は、柔軟性が低く、他人の考え方や、やり方を認めず、自分の方針を曲げない傾向が強いので、自分の考える枠からはみ出す人を敵とみなします。また、自分が中心にいないと気が済まないタイプも多いです。

次ページそんな人はいわゆる……タイプにあたる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。