「職場でのいじめ」を回避するための2つの方法 いくら自分が正しくても「正攻法」はダメだ

印刷
A
A

このように、職場で扱いづらい人は、自己中心的な傾向が強く、人に配慮しないのに、自分は気遣ってもらいたいというワガママな性格傾向にあります。人とうまく関係をつくれない一方で、他人から認められたい「承認欲求」が強いために、いろいろなところで人間関係のトラブルを引き起こしやすいです。

さらに上司がいれば、適切に対処してもらいたいところですが、現実にはなかなかそうはいかないこともあります。上司自身も扱いに困っていたり、職歴が長く職場に君臨し、上司さえも掌握しているケースもあるからです。

イヤな相手とは少し離れるだけでも効果的

●回避の仕方2

基本的には、物理的距離をおくことが、対応策としては望ましいのですが、そうは言っても、仕事をすぐに辞めるわけにもいきません。よく、大人なんだから、そんな人がいる職場から離れるために、さっさと仕事を辞めてしまえという人がいますが、仕事だからこそ簡単に辞められません。生活もあるし、どんな雇用形態であったとしても、今と同じような条件で働ける場所が見つかるとは限らないのです。

ですから、その状況を少しでも変えるためには、事務作業なら席替えを申し出る、現場なら担当の場所を変えてもらうなどを申し出て、イヤな相手と少し離れるだけでも効果的です。直接の理由が言いにくい場合は、「エアコンの風が直接あたってつらい」「業務の効率化を図るために」などの理由をつけて、上司に提案するといいでしょう。シフト制なら、「家の事情で」と、シフトができるだけ合わないような工夫をすることもよいかと思います。

それでも難しい場合は、あまり我慢しすぎるのも、良しあしです。「仕事だから」で割り切っているつもりでも、逃げ場がないのが職場です。自分が感じている以上に、心身に負担がかかっていることもあるので、注意しましょう。自分で抱え込まずに、信頼のおける上司や人事・総務、もしくは相談窓口に相談することをお勧めします。その際、冷静に問題点を指摘することが大切です。感情論で「いじめを受けている」「あの人が嫌」と言うだけでは、ただのわがままと取られてしまう可能性があります。

「何にどう困っているのか」を具体的に伝えるほか「仕事を進めていくうえで、どんな悪影響があるのか」という客観的な事実を伝えることで、理解が得やすくなります。ストレスを溜め込まず、自分自身を守るためにも、職場の人間関係は一定の距離を保ちつつ、構築を図ることが重要です。トラブルに巻き込まれそうなときは、早めに冷静に対処するよう心掛け、被害を最小限に食い止めるようにしていきましょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT