「職場でのいじめ」を回避するための2つの方法 いくら自分が正しくても「正攻法」はダメだ

印刷
A
A

いわゆる「マウンティングタイプ」にあたるのですが、プライドやこだわりが強い特徴があるので、自分が指摘を受けることに必要以上に敏感なのです。

ハラスメントをしやすいのも、このタイプに多くみられます。自分の気分次第や相手によって態度を変え、相手を振り回す「モラハラ」になってしまうパターン、自分の立場を利用して必要以上に高圧的に関わる「パワハラ」のパターンがあり、いずれにしても、一度そのような関係性になってしまうと、以後、付き合いが非常に難しく厄介です。

攻撃をかわすには…

●回避の仕方1

こうした「マウンティングタイプ」には、正攻法は避けたいところです。いくら正論でも、その主張を穏やかに丁寧に伝えたとしても、自分にダメージが跳ね返ってきます。なぜなら、相手の基準(もしくは気持ち)に合う・合わないで判断されるので、こちらの言っていることが正しくても、相手の基準に合わなければ受け入れられません。わかってもらおうと深入りするほど、逆に強く攻撃されてしまうことになりかねないのです。

ではどうすればいいのでしょうか。

例えば、作業を進める前に、お伺いを立てるという方法があります。「こうしようと思うのですが、どうでしょうか?」と、意見を求めたり、「これでよろしいでしょうか」と確認をする方法です。面倒ですが、前もって可否の判断を仰ぐことをしないと、ないがしろにされた感を強く持つ傾向も強いので、事前にお伺いを立てることによって、相手の自尊心を満たすやり方です。

また、相手のこだわりを冷静に見極めることも大切です。手順であったり、資料のレイアウトだったり、その人自身のこだわりを表面的に受け入れて相手を立てることで、相手の支配欲を満たすことができます。すると、相手は、自分に一目置いてもらえていると思い、攻撃する力を弱めていきます。内心、面白くないとは思いますが、反発する態度は逆効果と心にとどめておくといいでしょう。丁寧な対応で「敵ではない」という印象を与えることが大切です。

次ページ職場で扱いづらい人は、トラブルを引き起こしやすい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT