数に弱い人でも学ばせる「数の女王」の魅力

白雪姫をベースにしたからこそ物語は紡がれた

数字をモチーフにしたユニークな物語を読み解きます(写真:freeangle/PIXTA)

私事で恐縮だが、「数」が圧倒的に苦手なのである。だから、例えば本を読んでいても、数字、数式、グラフなどが出てくると、途端に読む気を失ってしまったりする。

困ったことだが、人間には得手不得手があるものだと開き直るしかない。さすがに、こればかりはどうしようもないからだ。

しかし、それほど苦手な数字のなかでも、子どものころからちょっと憎めないと感じていた数があった。「素数」である。

それ自身か、あるいは1でしか割り切れない自然数。そんな素直さに欠ける(ように思える)特性にはどこかヒネクレた印象があり、なんとなく憎めないと感じていたのだ。

主観以外のなにものでもないが、そんな思いがあったからこそ『数の女王』(川添 愛 著、東京書籍)には少なからず興味を惹かれた。なぜならこれは、素数をモチーフにしたファンタジー小説だからである。

「数」にまつわる壮大なストーリー

物語の軸となる重要なポイントは、人々と数との関係だ。人々はみな神から「運命数」を授けられているという概念がベースになっているのである。

初めに数があった。
すべての存在の源、母なる数、すなわち数の女王たる最高神は、大気を生み、子たる神々を生み、大地を造り、妖精を造り、そして人を造った。
母なる数は、すべての「子」に一つずつ、数を与えた。
その数こそ生命そのもの。我らを形作る運命数。
(「聖なる伝承」より)

主人公は、ナジャという名の13歳の女の子。彼女はメルセイン王国の王女だが、母である王妃から愛されることなく、使用人同様の扱いを受けていた。

あるときナジャは、数年前に命を落とした最愛の姉ビアンカが、実は王妃によって呪い殺されたのだという噂を耳にする。そこで真相を突き止めようとするが、その過程で不思議な鏡を手に入れ、導かれるかのように鏡の中へと吸い込まれていく。

鏡の向こうの世界にいたのは、王妃の呪いの手伝いをさせられている妖精たち。ナジャは彼らから、王妃の秘密を知らされることになる。

次ページ自然数に関するトピックスが随所に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT