数に弱い人でも学ばせる「数の女王」の魅力

白雪姫をベースにしたからこそ物語は紡がれた

数字をモチーフにしたユニークな物語を読み解きます(写真:freeangle/PIXTA)

私事で恐縮だが、「数」が圧倒的に苦手なのである。だから、例えば本を読んでいても、数字、数式、グラフなどが出てくると、途端に読む気を失ってしまったりする。

困ったことだが、人間には得手不得手があるものだと開き直るしかない。さすがに、こればかりはどうしようもないからだ。

しかし、それほど苦手な数字のなかでも、子どものころからちょっと憎めないと感じていた数があった。「素数」である。

それ自身か、あるいは1でしか割り切れない自然数。そんな素直さに欠ける(ように思える)特性にはどこかヒネクレた印象があり、なんとなく憎めないと感じていたのだ。

主観以外のなにものでもないが、そんな思いがあったからこそ『数の女王』(川添 愛 著、東京書籍)には少なからず興味を惹かれた。なぜならこれは、素数をモチーフにしたファンタジー小説だからである。

「数」にまつわる壮大なストーリー

物語の軸となる重要なポイントは、人々と数との関係だ。人々はみな神から「運命数」を授けられているという概念がベースになっているのである。

初めに数があった。
すべての存在の源、母なる数、すなわち数の女王たる最高神は、大気を生み、子たる神々を生み、大地を造り、妖精を造り、そして人を造った。
母なる数は、すべての「子」に一つずつ、数を与えた。
その数こそ生命そのもの。我らを形作る運命数。
(「聖なる伝承」より)

主人公は、ナジャという名の13歳の女の子。彼女はメルセイン王国の王女だが、母である王妃から愛されることなく、使用人同様の扱いを受けていた。

あるときナジャは、数年前に命を落とした最愛の姉ビアンカが、実は王妃によって呪い殺されたのだという噂を耳にする。そこで真相を突き止めようとするが、その過程で不思議な鏡を手に入れ、導かれるかのように鏡の中へと吸い込まれていく。

鏡の向こうの世界にいたのは、王妃の呪いの手伝いをさせられている妖精たち。ナジャは彼らから、王妃の秘密を知らされることになる。

次ページ自然数に関するトピックスが随所に
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • ドラの視点
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。