数に弱い人でも学ばせる「数の女王」の魅力

白雪姫をベースにしたからこそ物語は紡がれた

ところで、読みながら気になることがあった。川添氏のバックグラウンドについてである。

本書は前述のような経緯を経て生まれたわけだが、数に関する話題を抵抗なく物語に組み込むためには、相応の数学的知識が必要となるはずだ。

だが私の知る限り、川添氏は言語学者である。そのため「多方面に才能をお持ちなんだなぁ」と感心していたのだが、そういう単純な話でもないようなのだ。なにしろ、「数については初めて勉強することも多かった」と言うのだから。

そのため執筆の過程でも、自分の理解は正しいのか、書き方は不適切でないかとたびたび悩んだのだそうだ。そこで、それらについては多くの専門家に校閲してもらい、多くのプロセスを経て完成させたのである。

積み木を慎重に積み上げていくように作られた本書は、「白雪姫」をベースとしながらも、さまざまな要素を組み込んでいった川添氏の発想力、構成力の集大成だと言える。だからこそ、多くの共感を読んでいるのだろう。

数学への関心と、読書の楽しさを教えてくれる

さて、本書の資料には、「数学が好きでも苦手でも楽しめる傑作ファンタジー! 11歳くらいから大人まで楽しめます」という記述がある。

『数の女王』(東京書籍)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

数学的な部分については完全に理解したとは言えないだけに、私個人としては複雑な心境ではある。が、とはいえ十分に楽しめたことは間違いないので、それはそれでいいのかもしれない。

そもそも難解すぎるわけではないのだから、純粋な気持ちさえあればさらに理解度は深まるだろう。

読んでいるときに何度か、ワクワクしながらページをめくっている子どもの姿を思い浮かべたことがあった。なぜそんなことをイメージしたのかはわからないが、実際のところ、そういう子はきっと少なくないのだろうと思う。

だとすれば彼らにとって本書は、数学への関心を高めるきっかけとなるかもしれない。そして、読書の楽しさを実感させてくれることにもなるはずだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT