中年のひきこもり「年収1000万」でも危険な理由

「ひきこもり=怠け者」は間違ったイメージだ

ひきこもりは、自分にはまったく関係のないことだと感じていませんか? (写真:polkadot/PIXTA)
「中高年のひきこもり」といえば、仕事もしない怠け者、1日中家でブラブラしていて風呂にも入らず、時々親に暴言を吐いたり、暴力を振るったりしているのだろう、と思っている人もいるかもしれません。ですが、事態はもっと深刻です。中高年のひきこもりを決して「他人事」と思ってはいけない理由を、臨床心理士の桝田智彦による新書『中高年がひきこもる理由―臨床から生まれた回復へのプロセス―』から一部抜粋してお届けします。

2019年3月、ひきこもり、それも、中高年のひきこもり(40〜64歳までのひきこもり。以下、記事内では「中高年ひきこもり」とします)の推計が約61万3000人と報道され、大きな話題となりました。

私はこの約61万3000人のひきこもりは「問題」ではなく、日本社会が抱えるさまざまな問題の「答え」であると考えています。このさまざまな問題をひもといていくと、ひきこもるということが人間として正しい反応であるとも思えてくるのです。その理由をこれからお伝えしていきたいと思います。

世間の間違った「ひきこもり」イメージ

「中高年にもなってひきこもっている」といえば、仕事もしない怠け者で、1日中家でブラブラしていて風呂にも入らず、時々親に暴言を吐いたり、暴力を振るったりしているのだろう……。

多くの人たちがそのようなイメージで、中高年ひきこもりの方たちを捉えているのかもしれません。そして、そのようなイメージでひきこもりをとらえている限り、ひきこもりは自分にはまったく関係のない他人事にしか感じられないでしょう。

しかし、実は、そのようなイメージ自体が実際のひきこもりの人たちとは大きくかけ離れているのです。ひきこもっている中高年の中には、あなたとあまり変わらない「まともな」生活を長く送ってきた方たちも少なくないのです。その現実は、あなたも、そして私も、いつひきこもりになってもおかしくないことを示唆していると言えるでしょう。

例えば、次にご紹介する2つの事例を見ていただければ、ひきこもりが他人事として片付けられる問題ではないことを感じていただけると思います。

まずご紹介するのが、2019年7月5日、「NHK News UP」に掲載された、『母が死んだ 言えなかった1カ月』での男性です。彼を仮にここではAさんとしましょう。50代だったAさんは、同居していた80代の母親が亡くなり、その遺体と1カ月以上も共に暮らしたのち、逮捕されました……。

次ページ職を失いひきこもってしまった1000万プレイヤー
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。