台湾人と中国人の考え方が天と地ほど違う訳

2020年の「中台関係」は波乱含みで推移する

ここから先はお馴染みの競馬コーナーだ。筆者が台湾から帰国したのは13日月曜日の午後であった。成田空港から家に帰る途中、電車の中でフェアリーステークスとすばるステークスをネット経由少しだけ買ってみた。3000円浮いた。いやあ、旅の疲れが吹っ飛びましたなあ。勝ちはすべてを癒してくれるのである。

今週末(19日)は日経新春杯(京都競馬場、G2、芝2400メートル)が行われる。古馬のハンデ戦だが、過去10戦で4歳馬が7勝と、若い馬が活躍する重賞レースである。

日経新春杯は「女炎鵬的牝馬」メロディレーンから

となると、今年も4歳馬に目が向く。まずは昨年秋の菊花賞6着から直行するレッドジェニアルで、過去に京都競馬場で2勝しているので、これは順当なところ。

しかしこのレースには、菊花賞5着だった牝馬メロディーレーンも出走する。こちらは340キロ前後と超小型で、相撲取りで言えば炎鵬みたいなタイプである。斥量は49キロと、前走から4キロ減と恵まれている。どうせなら、こっちから狙ってみたい。

穴馬には5歳馬だが、過去に7戦しかしていないレッドレオンが面白い存在だ。2年前には、同様に6歳馬でもキャリアが少なかったパフォーマプロミスが勝っている。大事なのは年齢よりも鮮度、と心得たい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT