台湾人と中国人の考え方が天と地ほど違う訳

2020年の「中台関係」は波乱含みで推移する

学生たちによる立法院の占拠は1カ月近くに及んだ。もちろん違法行為なのだが、不思議と平和的な運動であって、世論の受けも悪くなかった。学生たちに食料を差し入れる市民がいた一方で、馬英九政権の支持率は1割程度まで急低下した。結局、政府は譲歩を迫られ、学生たちは大手を振って立法院から退去した。そしてサービス貿易協定は、今に至るも発効していない。

ちなみにこの年の秋、台湾の動きに便乗するかのように、香港では「雨傘運動」が始まっている。香港における民主主義の後退に抗議した学生たちが、金融街セントラルを占拠したのである。

こちらは香港政府の厳しい弾圧を受けて、学生たちはほろ苦い思いを抱えて撤退することになる。そして、2019年6月から今日に至る香港デモの導火線となっていく。台湾と香港における政治のシンクロニシティは、実はこの頃から始まっている。

選挙戦はネット空間に「完全移行」

台北市内では選挙のポスターも看板も激減していた(筆者撮影)

振り返ってみると、台湾が中国に対して優位であった2000年代と、中国が台湾を呑み込もうとし始めた2010年代とは、中台関係の景色はくっきりと変わっている。それでは2020年代の中台関係は、これからどうなるのだろう?

1月11日の台湾総統選挙に合わせて、現地に乗り込んだ筆者の目に飛び込んできたのは、前回(2016年)や前々回(2012年)に比べると、看板もポスターもめっきり少なくなった台北市内であった。「昔の台湾選挙は、もっとお祭り騒ぎだったけどなあ…」とぼやいたところ、現地のジャーナリストに即座に否定された。

「違うんです。選挙戦がネット空間に移行してしまったので、看板におカネをかけても無駄なんです」

台湾の人たちはSNSが大好きだ。何しろLINEの普及率が96%、フェイスブックは79%だという。「LINEに入っていない」と正直に言ったら、さる台湾人女性ジャーナリストは「信じられない!」と叫んで筆者のスマホを取り上げ、そのままアプリをインストールされそうになったくらいである。

各選対陣営がどれほどSNSに力を注いでいるか。今回、再選された蔡英文総統は、いつも中国語と英語と日本語の3カ国語でツイッターを発信している。この日本語が信じられないくらい高度なのである。例えば1月1日、新年のツイートはこんな文面である。

次ページ手が込んでいた蔡英文総統のツイッター
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT