Facebookの通貨「リブラ」に世界が震撼した理由

価格変動しにくい仮想通貨は何を目指すのか

リブラをめぐってはアメリカ下院金融委員会が10月23日の公聴会にフェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOを証人に招く事態に(写真:AP/アフロ)

2019年6月に、フェイスブックが新たなデジタル通貨「リブラ(Libra)」の発行計画を公表した。大きな話題となったので、記憶に残っている人も多いだろう。

『決定版 リブラ: 世界を震撼させるデジタル通貨革命』(木内登英 著、東洋経済新報社)は、間もなく姿を現そうとしているこのデジタル通貨がどのようなものであるかを解説した書籍だ。

リブラについては現時点ですでに、賛否両論が巻き起こっている。仮想通貨肯定論者がグローバルに使える初めての仮想通貨であると歓迎する一方、フェイスブックを含むプラットフォーマーの規制強化に取り組んできた欧米の当局、とくに競争政策に関わる規制当局者らは強い拒絶反応を示したのだ。

本書では、こうした相反する2つの意見を踏まえて、世界はリブラとどのように向き合うべきなのかを論じる。筆者自身は、賛否どちらの立場にも与せず、中立的な立場でその解を探ってみた。(「はじめに」より)

はたしてどちらの考え方が正しいのか? そもそもリブラとは、どのようなものなのか? 基本的なことを確認してみたい。

今までのデジタル通貨とはまったく異なる

デジタル形式で価値が保存され、現金と同じように商品購入の支払い、送金などに使えるデジタル決済(支払い)はすでに一般化している。また最近は、スマートフォンでの支払いサービスに多くの企業が参入してもいる。つまり日本でも、電子マネーは根付いてきているのだ。

とはいえリブラは、すでに利用されているそれらのデジタル通貨とは根っこの部分から大きく違っているのだという。

・一国にとどまらないグローバル(超国家)通貨
・価値の安定のため主要通貨のバスケットに連動
・大手プラットフォーマーが主導
(17ページより)

具体的にいえば、違っているのは大きくこの3点だ。

次ページ世界の金融当局がリブラに警戒心を抱く理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT