25キロ痩せた医師が語る"デブ味覚"変えるコツ

肥満とやせ型の空腹度の違いに注目

“食べられなくなる”とは? 工藤先生は、肥満の人は第6の味覚と呼ばれる、濃い味や高カロリー食を感知する「脂肪味」の感受性が低下している人が多いと話す。

この脂肪味がマヒしてしまうと、普通は“脂っこくてもう食べられない”とやめるところを、閾値が上がり感受性が落ちていることから際限なく脂をとってしまいます。これを“デブ味覚”と呼んでいますが、このマヒした味覚を出汁で改善できるのです

肥満の人は“第6の味覚”を持っている

出汁を1日1杯飲んで3~4日、当初は感じられなかったうまみがわかるようになり、敏感になった味覚は次第に濃い味や脂っこいもの、ソースやマヨネーズまでも受け付けなくなる。

そして続けること2週間。

味覚とは後天的に食べるものに影響されて形成されますが、その味覚を感じる器官である味蕾が生まれ変わるのに要する期間が2週間です。デブ味覚の人が出汁を飲み続ければ、脂肪味を敬遠する“やせ味覚”に2週間で変わることができるのです。

すると食べる量が減り、脂や糖も抑えられておのずと食事制限になり、うまみによって心も満たされるので食への依存からも脱することができるでしょう。仮に食事量が変わらなくとも、低カロリー食を好むようになります」

やせる出汁を飲むだけでやせる」のメカニズムは、「食欲の制御」と「味覚の調整」だった。また、このダイエットの便利なところは、例えば忘年会や新年会が続いたとしても、また出汁を飲めば2週間でリセットできることだ。

『1日1杯飲むだけダイエット やせる出汁』(アスコム)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

「私は、寒いときは水筒に温かい出汁を入れて持ち歩き、毎食前や小腹がすいたときに飲んでいます。就寝前に飲めば気持ちが落ち着くのでよく眠れると思いますよ。また粉をおにぎりにまぶしたり、お味噌汁に入れても効果があります。要は脂や糖の代わりに出汁粉を使うようにすれば、日常に取り入れやすいですね。

材料は自然の素材ですし、刻み昆布も塩分抜きなので患者さんやお子さんの食育にもすすめています。お菓子を食べすぎるお子さんが出汁を飲んでやめられたなど、ダイエットだけでなく万人が健康になれる出汁だと思います」

これで年末年始も怖くない。次ページの『やせる出汁』の作り方を参考に、心と身体、味覚を整えよう!

次ページ『やせる出汁』は炒めて混ぜるだけ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT