25キロ痩せた医師が語る"デブ味覚"変えるコツ

肥満とやせ型の空腹度の違いに注目

工藤先生によると、そもそも太る原因の90%以上が「食事の量」で、肥満の人は毎食を「腹九分、十分」まで食べて、さらに少しでもお腹が減れば何かつまむ習慣ができてしまっているのだ。

必ず空腹感をもって3食を迎えよう

工藤孝文医師(写真:週刊女性PRIME)

対して、「やせている人は空腹を感じたらその感覚がなくなるまでの“腹一分、二分”の量を食べ、また1日3食を必ず空腹感をもって迎えています。これが非常に大事。お腹をしっかりすかせてから食べないと、ミトコンドリアがうまく働かずに脂肪を燃焼させるエネルギー効率が悪くなるのです

言われてみれば、肥満の人はお腹が鳴らないように思えるが、それは空腹になる前に食べ物を手にしているから。とはいえ、年末年始においしいものをたくさん食べたいし、揚げ物や甘~いスイーツへの欲求はつのるばかり……。

「なぜ脂っこいものや甘いものが食べたくなり、また過食してしまうのかというと、それはセロトニンやドーパミンなどの“幸せホルモン”とも呼ばれる物質が不足するからです。とくに日照時間が短縮する冬場はセロトニンが減りやすくなっているのです。

そして、このセロトニンやドーパミンの代替えとして、グルタミン酸やイノシン酸などの物質が有効であると考えました。これらは人間が本来安心できる、幸せになる“うまみ”成分を含んでおり、脳に作用するホルモンのような働きを見せます。母体の羊水や母乳にも、うまみは含まれているんですよ

この「うまみ」こそ、やせる出汁の正体だ。材料であるかつお節には「ヒスチジン」、煮干しには「イノシン酸」、刻み昆布には「グルタミン酸」、緑茶には「テアニン」とそれぞれにうまみ成分が含まれている。

これらは食欲を抑え、なおかつストレスを軽減し、心のバランスを整えて精神を安定させてくれるのだ。

そして、出汁がもたらすもう1つの効果というのが、

“味覚の正常化”です。脳に作用して食欲をコントロールするのと同時に、味覚を司る味蕾(みらい)に作用することで自然と脂っこい、甘ったるいものが食べられなくなるのです

次ページ自然と脂っこいものが食べられなくなる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT