プロゴルファーにオフシーズンはなし

体ならしでツアーに出ても、よい成績は残せない

ゴルフをイメージするとき、ドライバーショットを思い浮かべる人より、パットやパッティンググリーンを頭に描く人のほうがゴルフがうまい、そんなことを聞いた記憶があるけど、それは確かと思いますね。

ドライバーが普段より余計に飛んでも、気分はいいけどスコアがよくなるわけではなく、アイアンショットがピンに寄っても、ラインが下りのスライスだったりするとパットが簡単に入るわけじゃありません。

結局、ゴルフのまとめはパットなわけです。

そう思える人は、ドライバーをむきになって飛ばそうと思わなくなるし、アイアンも無理やりピンそばに、と思わなくなる。するとドライバーにもアイアンにも余計なプレッシャーがかからなく、ゴルフ全体が自然とよくなるんですね。

でもね、今は「なるほど」とそう思っても、コースに行ってティーグラウンドに立つと、そんなことはすぐに忘れ、ドライバーを振り回したくなる。それは自分も同じでしてね、試合で若い選手と回り、30ヤードも40ヤードも先に行かれると、1ヤードでもその近くに持っていきたいと体に力みを感じるのがわかるんですね。

でも、だからゴルフは、いつも新鮮で面白いんでしょうね。

今回、パッティングにこだわっているのは、新年早々にトレーニングのためハワイに行って、プレーも何度かしましたけどね、ソニーオープンの開催されたコース、ワイアラエでプレーをしたとき、アウトは38ながら、インは31が出たんですよ。いいスコアはうれしいもんで、やっぱりゴルフはパットと再確認。

具体的にどこがよかったかというと、昔そうだったようにターフが取れているんですよ。パッティングでターフが取れるって表現はおかしいかもしれないけど、以前はパットの調子がいいとグリーンが少し削れるのが普通だったんですね。

自分はヘッドが上から下へのダウンブローのパッティング、ヘッドが最下点に行く前にボールに当たるわけで、まあ、言ってみればアプローチの要領でパットをしてるんですね。このアプローチとか、パッティング、細かい動作ほど手首の柔らかさや足腰の強さが必要なんです。

足腰の強さや体の柔らかさに、日頃の鍛錬の賜物ですが。

ソニーオープンで日本選手を見ていると、日本はまだシーズンオフ。体ならしのつもりでハワイに来ても、いい成績を残せるはずがありません。ゴルフにシーズンオフはありません。シーズンを通して世界各国で試合があり、いつ、どこへ行っても試合ができる体づくりをしていないと、トッププレーヤーへの道は遠くになるばかりです。

ツアープロは、心も体もシーズンオフを作ってはいけないと思うのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT