ゴルフプレー料金はバブル期の3割に下落

東京ディズニーリゾートに単価逆転される

最大9連休だった年末年始。各地のレジャー施設がにぎわう中、ゴルフ場で打ち納めや初打ちを楽しんだ人も多かったのではないか。

プレー料金は下落が続く。グリーンフィー、キャディーフィー、飲食、物販などからなる客単価は、業界首位のアコーディア・ゴルフが9651円、同2位のPGMホールディングスが9247円と、1万円を割ったままだ。

レジャー全体の単価が落ちているわけではない。家族・グループ向けレジャーの代表格、東京ディズニーリゾート(TDR)の客単価(チケット+飲食+物販)は上昇が続き、2010年度にはゴルフ場2強と逆転した。(下図)

「団塊世代が現役だった時代は、レジャーといえばゴルフくらい。でも今は、休日にお父さんだけゴルフ、はない」。アコーディア業績管理部の狩野隆行部長はそう話す。

ゴルフとTDRの客単価逆転の理由はそのあたりにありそうだ。とはいえ、バブル期に3万円近かったゴルフ料金がなぜここまで下がったのか。

次ページ予約サイトの長短
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。