30年前から1.5倍、学校での子どもの骨折の原因

子どもはどのような場面での骨折が多いのか

では、どのような場面で骨折をしているのでしょうか。

まず、小学生は、休憩時間(始業前、授業終了後の特定時間を含む)の骨折が最も多く、2017年度でほぼ半数を占めます。次いで、体育が27.5%(各教科合計で29.6%)で、体育の実施競技別にみると、跳び箱、バスケットボールでの骨折が多くなっています。小学生では、部活動(クラブ活動、部活動)はあまり多くありません。

中高生になると部活が半数を占める

中学生や高校生になると、休憩時間の骨折は減り、部活動が半数を占めるようになります。体育は小学生同様3割弱で、実施競技別にみると、中学生も高校生も、バスケットボール、サッカー・フットサルが多くなっています。

部活動での実施競技別にみると、中学生はバスケットボールとサッカー・フットサルがそれぞれ全部活動における骨折の4分の1程度を占めています。高校生では、野球とバスケットボールが加わります。競技人口の影響もあるでしょう。

このように、普段から運動をよく実施している部活動中の骨折が多いことから、特定の部位のみを使いすぎているオーバーユースの可能性が推察されます。また、身体の成長が早まったことも伴い、早くからより高度な技術を使うことによって、骨折が増加しているという指摘があります[笠次良爾「学校管理下における児童生徒のケガの特徴について」Kansai学校安全6号(2011年)]。

次ページ総運動時間の二極化
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT