30年前から1.5倍、学校での子どもの骨折の原因

子どもはどのような場面での骨折が多いのか

学校での子どもの骨折が増えているようです(写真:しげぱぱ/PIXTA)

最近、子どもがちょっとしたことで骨折する、という話を聞きます。

高齢期の骨折は、要介護状態となる要因の1つで、骨折部位によっては生活の質(QOL)に深刻な影響を与えることがあることで知られています。一方、子どもについては、男児や運動中の骨折が多いことから、一昔前まで、骨折は“活発な証拠”といった印象すらあったのではないでしょうか。

しかし、最近では、高齢者の骨折と同様に、筋肉・骨・関節などのトラブルや、バランス能力・体力・移動能力などが衰え[こういった理由により、立ったり歩いたりといった日常動作が困難になることをロコモ(ロコモティブシンドローム)と呼びます]と関連づけた話題となることが増えてきたように感じます。

学校での骨折は30年前の1.5倍

実際、どのぐらい骨折は増えているのでしょうか。

この連載の一覧はこちら

独立行政法人日本スポーツ振興センターの「学校の管理下の災害」によると、学校(学校行事を含む)における骨折は、小学生から高校生まで増加しており、全体で30年前の1.5倍、1970年と比べると2.4倍にまで増えています。

ここ10年間に着目すると、未就学児~中学生は横ばいにとどまっていますが、高校生では引き続き増加し続けています。

次ページどのような場面で骨折?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT