30年前から1.5倍、学校での子どもの骨折の原因

子どもはどのような場面での骨折が多いのか

学校での子どもの骨折が増えているようです(写真:しげぱぱ/PIXTA)

最近、子どもがちょっとしたことで骨折する、という話を聞きます。

高齢期の骨折は、要介護状態となる要因の1つで、骨折部位によっては生活の質(QOL)に深刻な影響を与えることがあることで知られています。一方、子どもについては、男児や運動中の骨折が多いことから、一昔前まで、骨折は“活発な証拠”といった印象すらあったのではないでしょうか。

しかし、最近では、高齢者の骨折と同様に、筋肉・骨・関節などのトラブルや、バランス能力・体力・移動能力などが衰え[こういった理由により、立ったり歩いたりといった日常動作が困難になることをロコモ(ロコモティブシンドローム)と呼びます]と関連づけた話題となることが増えてきたように感じます。

学校での骨折は30年前の1.5倍

実際、どのぐらい骨折は増えているのでしょうか。

この連載の一覧はこちら

独立行政法人日本スポーツ振興センターの「学校の管理下の災害」によると、学校(学校行事を含む)における骨折は、小学生から高校生まで増加しており、全体で30年前の1.5倍、1970年と比べると2.4倍にまで増えています。

ここ10年間に着目すると、未就学児~中学生は横ばいにとどまっていますが、高校生では引き続き増加し続けています。

次ページどのような場面で骨折?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT