30年前から1.5倍、学校での子どもの骨折の原因

子どもはどのような場面での骨折が多いのか

その一方で、スポーツ庁による広報サイト「DEPORTARE」によると、中学2年生の女の子について、1週間の総運動時間が60分未満(1日あたり9分弱)といった「ほとんど運動をしない」子どもの割合が2割程度であるのに対し、900分以上(1日あたり2時間強)といった子どもも多く、子どもの総運動時間の二極化が進んでいる可能性が示されています。

(出所)スポーツ庁web広報マガジンDEPORTARE 「~子供の運動習慣における課題とは~ 「二極化」の改善に取組む「体育」の優良事例をレポート!」

運動部に所属している、あるいは、習慣的に運動を実施している子どもは、体力、運動能力が高いことがわかっていることから、特に運動習慣がない子どもについて、食生活の変化や運動不足、日照不足により骨が弱くなっている可能性があり、子どもの「ロコモ」も心配されています。

未就学児の骨折が横ばいの理由

また、未就学児の骨折は横ばいで推移していますが、その理由として危険な遊具が減ったこと、ケガをするような遊びをしなくなったことなどが挙げられることが多いようです。

こういった背景の中、2016年度から、学校の健康診断に「しゃがみ込むことができない」「体を前屈、後屈できない」「片足立ちを5秒保てない」「関節に痛みがある」「両腕とも痛みなく、完全に上まで上げられない」などの運動器の確認項目が新たに追加されました。

過度に高度な激しい運動をする必要はなく、幼少期から、個々の体力、身体の成長に見合った運動をバランスよく行うこと、スポーツに慣れ親しむことが重要とされています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT