「キーボードが打ちづらい」人が知るべき超知識 「Mr.キーボード」にその原因を聞いてみた

✎ 1〜 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 最新
拡大
縮小

また、荷重が重めの場合、小指で押しに行くときに力が足りなくなります。本人は押しているつもりなのに、押せていないということが起きます。とくに評価した方が、かな入力でしたので、「む」「へ」など、小指を使う頻度が高いんです。これも理由の一つと考えています。

強く打つ癖も、キーボードが原因の可能性

――キーボードを打つ強さは、人によって違いますよね。キーが重いほうが打ちやすいということはないのですか?

強めに打っている人は、おそらく強く打たないと入らないことがあるからです。「あれ?入ってない」と思うことがあると、強くたたくなど、無意識で回避するようになります。

荷重が軽いと疲れないのは当たり前です。軽く打てて、それで確実に入力できるキーボードは当然疲れません。長文を打ったあとの疲労感に、とくに差が出てくるはずです。

(撮影:梅谷秀司)

――ラクに打つ方法というのもあるのでしょうか。藤川さんは、どういうキーボードの打ち方をしていますか?

私は、滑らせる打ち方になっています。デスクトップのキーボードを使っていた人は、キーボードを突く感じの人が多いです。けれども、今のノートパソコンのキーボードは薄いので、キーの上を滑らすような打ち方になります。これが自然に変わっている人と、変わっていない人がいます。

ですので、デスクトップキーボードを打ち慣れている人は、ノートパソコンの薄いキーボードを触ると、打ちづらいと感じることがあります。突くタイピングで、小指の端っこでピッとキーの端を打つと、打ったはずなのに入っていないということがノートパソコンでは起きやすいんです。

――自分は“突く”タイピングをしていますね。ボタンを押すイメージに近いです。“滑らせる”タイピング、キーの表面をなでるように入力するとは考えたことなかったですね。

会議中にこっそり資料を作るなど、静かに打とうとしていると、滑らせるように浅く打つ癖がついてきます。とくに、当社の最新のノートパソコン、LIFEBOOK(UHシリーズ)などに導入したキーボードは、「入力できた」と感じた瞬間に入るようになっています。ですので、慣れてくると比較的浅く打つようになります。

――“入力できたと感じた瞬間に入る”とは、どういうことでしょう?

入るとは、つまりパソコンに入力される、ということですが、ゆっくりキーを押してみるとわかります。キーボードは押すに従ってだんだん力が強くなり、あるところでコリッとした押した感じがします。そのコリッとしたあとも、しばらく押せる距離があります。また、あるところ以降は重くなります。本当にゆっくり押してみてください。

ノートパソコンで使われるキーボードでは、構造の制約上、コリッとしたあとにしか入力を検出できません。この検出タイミングを「コリッと押した感覚の時に絶対入っている」ところに設定しています。それ以上押していっても押せますが、コリッとした時にはもう入力されているんです。

次ページ理想のキーボードはあの時代の…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT