当たり前に「賄賂」があるカザフスタンの暮らし

ソ連崩壊から30年弱、何でも金で買える社会

ソ連崩壊から30年弱、カザフスタンは今、どうなっているのか(写真:butenkow/PIXTA)

裁判での有利な判決、徴兵の回避、学校の成績や学位論文、長蛇の列に並ばずに受診──。ソ連崩壊から30年弱、資本主義の波に洗われた中央アジアの大国・カザフスタンは、金で何でも買える社会になっていた。『<賄賂>のある暮らし 市場経済化後のカザフスタン』を書いた日本貿易振興機構アジア経済研究所の主任研究員、岡奈津子氏に内情を聞いた。

「金」の需要が一気に高まった

──現地で警察に連行されました。

調査協力者に紹介された主婦に、彼女の家で賄賂について聞いていたら彼女の夫が現れて「何でそんなことを聞く、怪しいやつだ」と警察を呼ばれました。署では写真を撮られ、指紋を採取され、最後は移民警察のトップが「2度とこのような調査はしないように」と。幸い調査は続けられましたが。

──「非公式な問題解決」が蔓延。

ソ連時代の「非公式な問題解決」は主としてコネによるものでした。互酬的関係に基づいて便宜がやり取りされた。1990年代以降、金と引き換えに便宜を与える、受けた便宜を金で清算するという方法が主流になっています。

非公式な金品のやり取りが日常生活の一部になっているのはカザフスタンだけではなく、旧ソ連やその影響下にあった東欧では多かれ少なかれ似たような状況です。カザフスタンは相対的に開放的で外国人でもこうした調査ができる。報道の自由度も比較的高いので腐敗の情報も多い。情報の少ない国のほうが、腐敗が深刻な可能性はあります。

──なぜ金が万能に?

もともとコネを使って人よりも早く物事を進めたい、物を多く入手したいとみんなが考えていた。そこへ、融資制度とか競争政策とか資本主義を機能させるものが不備なまま、市場経済化が進んだ。一方で、多くの人々が安定した雇用を失ったのに、教育にしろ医療にしろ金がかかるようになって、金への需要が増えました。

次ページ金を吸い上げる「ピラミッド」の存在
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。