メールやLINEで「地雷」を踏まないためのワザ

「よかったです」は上から目線と思われる?

文字のやり取りは多くのメリットがある反面、何気ないやり取りで相手を不快にさせてしまう危険性もあります(写真:マハロ/PIXTA)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。

今や、ビジネスはもとよりプライベートなやり取りは、直接会って話したり電話することよりもはるかに多くを、メールやSNS上の文字で行っているかと思います。相手の時間を拘束することなくいつでも送ることができ、同時に複数でやり取りができるなど多くのメリットがある一方、ちょっとしたことでトラブルになってしまう危険性もはらんでいます。

メールは、気軽なようで繊細なツール

文字による伝達は直接関わることに比べ、はるかに少ない情報量しかありません。ニュアンスも伝わりづらく、読み手の状況によって勝手に解釈されることも多くあります。

この連載の記事一覧はこちら

そんな繊細なツールにもかかわらず、簡単にやり取りできるため、深く考えずに気軽に送ってしまいがちです。「そんなつもりでないのに」相手を怒らせてしまうことのないよう、何気ないやり取りで相手を不快にさせないコツをお伝えしたいと思います。

次ページプラスの言葉であっても注意は必要
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT