「おまけ付きお菓子」の意外にも長く奥深い歴史

蘊蓄100章で綴る菓子メーカーの工夫と奮闘

61. 1971年12月カルビー製菓は「仮面ライダースナック」を発売し、「仮面ライダーカード」をおまけとした

62. カルビーは番組スポンサーも務めたがこれは創業者松尾孝と同郷・同窓だった東映・岡田茂の勧めだった

63. スナックの定価は20円。1袋に1枚のカードがおまけとして付いたが、スナック袋とカードは別々だった

64. スナック50袋入りの段ボールに54~55枚のカードが同梱され、客は購入時に店員からカードを手渡しされる

65. 当時、子どもたちの間ではスターやヒーロー、アニメキャラなどの「ブロマイド」が流行していた

子どもにとって最新の情報源でもあった

66. その流行に便乗したライダーカード案はカルビー関係者の友人で経済学者・栗本慎一郎の提案だったという

仮面ライダー1号。写真はマカオにて開催された「仮面ライダー大集結特展」(写真:Imaginechina/時事通信フォト)

67. カードの表面にはライダーや怪人等の写真、裏面には通しナンバーと写真に関する解説文が記されていた

68. この解説文は番組プロデューサーの阿部征司が執筆しており、子どもたちの最新情報源になっていた

69. カルビーはカード制作にあたり石森プロの版権スチール撮影を手がけていたグループ・ナインと独自契約

70. 『仮面ライダー』は毎週土曜放送だったが、本編の撮影現場に写真スタッフを派遣してカード用に同時撮影

71. そのためテレビ放送直後の情報が即座にカード化されスナックに添付された

72. このおまけのライダーカードは全546枚だが、同番号であっても細部が異なるカードが52種存在する

73. 異種カードの差異はさまざまで、まったく画面が異なる、トリミング違い、解説が異なるものなどがあった

74. これは再版による発行時期の差や、各印刷所の作業の違いから生じたものといわれている

75. また「ラッキーカード」と呼ばれるレアカードがあり、これをカルビーに送付すると専用アルバムがもらえた

76. ラッキーカードの裏面は通常版と異なり、〈ラッキーカード〉の文字、カードの解説、カード送付の有効期限

77. 加えて、ラッキーカードの送付先としてカルビーの宇都宮工場と広島工場の住所が記載されていた

78. しかし応募するとカードが手元に残らず、のちにカルビーはカードに〈S〉の赤スタンプを押して返送した

79. 人気の一方でカードだけを集めてスナックを捨ててしまう「ライダースナック投棄事件」も全国で相次いだ

80. カルビーはスナック袋に〈お菓子は残さず食べよう〉という一文を印刷し、小売店にも販売対策をとった

次ページ「ビックリマンチョコ」が大ブームに
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。