「Official髭男dism」がチャートを席巻する理由

その音楽的「満腹感」の謎を解く

例えば『Pretender』では「♪君とのラブストーリー それは『よ』そうどおり」の『よ』が「ソ#」で、いきなり2小節目に出てくる。また『イエスタデイ』では、「♪雨上がり に『じ』がかかったそら」の『じ』が「ソ#」で、こちらも6小節目と早々に使われる。

つまり「センチメンタリズムの初期値」が高いのだ。さらにそこから、サビ、大サビに向けて、藤原聡のハイトーンボイスとともに、センチメンタリズムが高まっていくのだから、最後にはとんでもない水準にまで行き着いてしまう。

結論付けると、「ヒゲダン」のヒット曲の魅力は、その「満腹感」にあると思う。

ボーカルの「運動量」の多さとコード進行の複雑さ、そしてそれらを背景とした強烈なセンチメンタリズム。聴き終わった後にお腹いっぱいになる感覚。言い換えると、1曲に込められた感情の総量の多さ。「感情の水びたし」とでも言うべき感覚。

「サブスク」という、パッケージやダウンロードよりも、音源に対して思い入れのないドライなリスニング環境の中で、両耳に飛び込んでくる「感情の水びたし」感覚と、その結果としての「満腹感」。これこそ「サブスクでヒゲダン」が今、音楽チャートを席巻している理由だと考えるのである。

「髭の似合う歳」の人に楽しんでほしい「伸びしろ」

と、ここまで書くと、彼ら「ヒゲダン」が、そうとうしたたかな戦略家のような印象を受けるかもしれないが、実は、彼らの思いはかなりピュアで、公式サイトによれば、そもそも、あの不思議なバンド名の由来からして「髭の似合う歳になっても、誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーでずっと続けて行きたいという意思が込められている」ものらしい。

また音楽雑誌『MUSICA』(FACT)の2019年11月号によれば、メンバーの藤原聡は「それこそグッドミュージックを何十年も作り続けているMr.Childrenとかサザンオールスターズとか、そういうバンドになりたいなと思っている」と語る。

その意気や良し、である。本稿では全体的に「ヒゲダン」を激賞する内容となったものの、正直、音楽的な革新性では、昨年の米津玄師のほうが勝ると思うし、コード進行の独創性では、初期の松任谷(荒井)由実に及ばない。忌野清志郎の言うシンプルなコード進行にも、トライしてみる価値はあろう。

でもそれは、逆に言えば、ミスチルやサザンに向けての「伸びしろ」が、彼らにはまだまだあるということだ。本稿を読んだ「髭の似合う歳」の方々も、そんな彼らの「伸びしろ」をぜひ楽しんでみてほしいと思う。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT