「Official髭男dism」がチャートを席巻する理由

その音楽的「満腹感」の謎を解く

例えば『Pretender』では「♪君とのラブストーリー それは『よ』そうどおり」の『よ』が「ソ#」で、いきなり2小節目に出てくる。また『イエスタデイ』では、「♪雨上がり に『じ』がかかったそら」の『じ』が「ソ#」で、こちらも6小節目と早々に使われる。

つまり「センチメンタリズムの初期値」が高いのだ。さらにそこから、サビ、大サビに向けて、藤原聡のハイトーンボイスとともに、センチメンタリズムが高まっていくのだから、最後にはとんでもない水準にまで行き着いてしまう。

結論付けると、「ヒゲダン」のヒット曲の魅力は、その「満腹感」にあると思う。

ボーカルの「運動量」の多さとコード進行の複雑さ、そしてそれらを背景とした強烈なセンチメンタリズム。聴き終わった後にお腹いっぱいになる感覚。言い換えると、1曲に込められた感情の総量の多さ。「感情の水びたし」とでも言うべき感覚。

「サブスク」という、パッケージやダウンロードよりも、音源に対して思い入れのないドライなリスニング環境の中で、両耳に飛び込んでくる「感情の水びたし」感覚と、その結果としての「満腹感」。これこそ「サブスクでヒゲダン」が今、音楽チャートを席巻している理由だと考えるのである。

「髭の似合う歳」の人に楽しんでほしい「伸びしろ」

と、ここまで書くと、彼ら「ヒゲダン」が、そうとうしたたかな戦略家のような印象を受けるかもしれないが、実は、彼らの思いはかなりピュアで、公式サイトによれば、そもそも、あの不思議なバンド名の由来からして「髭の似合う歳になっても、誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーでずっと続けて行きたいという意思が込められている」ものらしい。

また音楽雑誌『MUSICA』(FACT)の2019年11月号によれば、メンバーの藤原聡は「それこそグッドミュージックを何十年も作り続けているMr.Childrenとかサザンオールスターズとか、そういうバンドになりたいなと思っている」と語る。

その意気や良し、である。本稿では全体的に「ヒゲダン」を激賞する内容となったものの、正直、音楽的な革新性では、昨年の米津玄師のほうが勝ると思うし、コード進行の独創性では、初期の松任谷(荒井)由実に及ばない。忌野清志郎の言うシンプルなコード進行にも、トライしてみる価値はあろう。

でもそれは、逆に言えば、ミスチルやサザンに向けての「伸びしろ」が、彼らにはまだまだあるということだ。本稿を読んだ「髭の似合う歳」の方々も、そんな彼らの「伸びしろ」をぜひ楽しんでみてほしいと思う。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。