大ヒット作に学ぶ、「映像コンテンツ」戦略

企業価値を上げる映像コンテンツ3つのポイント(上)

TVCMはブランデッドコンテンツにもなる?

消費者が広告を避ける傾向にあると説明したが、テレビCMといった従来の形式の広告が、ブランデッドコンテンツとなりえないわけではない。ラグジュアリーブランドの美しい広告同様に、テレビCMにもそんな好例が見られる。

Thai Life Insuranceはタイ最大の保険企業 。実は過去10年以上にもわたってブランデッドコンテンツと言えるTVCMを制作し、この映像シリーズによってブランドの社会的信頼度を上げることに成功している企業だ。

一連の映像シリーズより、2012年に放映されたCM映像「Forget Me Not」をご紹介しよう。

●老老介護に挑んだ感動的映像


老いた女性に靴下を履かせている老いた男性。そこで「あなたの名前は?」と訪ねる女性。実はこの2人は長年のおしどり夫婦。でも、女性はアルツハイマー病によって、目の前の男性が自分の夫であるとは認識できなくなっている。

「僕たちが結婚したあの日、あなたのことを生涯守ると約束したね」。

そう語りながら、あきらめずに看護を続ける夫。ふとした瞬間、妻に昔のような表情が戻り、自分のことを思い出してくれたのかと、夫は一瞬、期待を抱く。でも次の瞬間、「あなた誰?」と、いつもの質問が飛んでくる。

アルツハイマー病の家族の看護は、期待と忍耐の繰り返し。病気との闘いは、病気を患った本人だけでなく、その家族にも及ぶ。だからこそ、「患者だけでなく、看病を頑張るあなたのことも支えるのがThai Life Insurance」。病気の家族を支えることは当然である一方、精神面や金銭面、さらには体力面でも大きなプレッシャー。それが現実だ。

高齢化が進み老人が老人を介護する、いわゆる「老老介護」が不可避である昨今。その社会的プレッシャーからタイの人々を解放し、支えることで、より質の高い人生をサポートすることこそ、Thai Life Insuranceが掲げる使命であり社会課題なのである。

この社会課題に一緒に向き合う人々、特に購買力がありつつ老後の準備を考案し始める中年層の男女には、最も共感しやすいストーリーであると言えるだろう。

また、Thai Life Insuranceが掲げるスローガン「always caring(いつもあなたの面倒をみます)」は、妻の看護をあきらめない夫の姿にしっかりと投影されている。

次ページ「タイ人みんなに頼られる存在」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT