「検索しない」「整理しない」「覚えない」発想法

インプットの労力は最小限、成果は最大限に

情報を活用する場合、もちろん2次情報も大切ではあるのだが、より重要なのはこうした1次情報だ。それも、自分だけが知ることができた、気づくことができた情報や知見であれば、ますます貴重なことは言うまでもない。

誰もが情報収集に最も活用している、インターネットについて改めて考えてみよう。

ネット検索の情報がアイデアを生まない理由

2次情報を集めるためには、確かにインターネットほど重宝なものはない。しかし、私の場合、インターネットの検索機能を使った情報収集は、短時間で基本的な情報を集める程度にとどめている。理由は2つある。

1つは、繰り返しになるが、それは誰もが集められる情報であるからだ。誰もが集められる情報だけでは、創造的な発想や思考を生むのは難しいものだ。差別化されたアイデアは浮かびにくいということだ。つまり、有効なアウトプットに結び付きにくいということになる。

しかも、その誰でも知っている情報は、誰かが何かの意図をもって流したフェイクニュース、あるいは単純に事実を誤認している情報かもしれないというおまけまでついている。

もう1つは、検索という行為は、最初にキーワードを入れるので、そのキーワード以外に発想が広がりにくいという欠点をもつことだ。その結果、情報収集も型にはまりがちになるし、情報収集の過程で新しい発想が浮かぶ=ひらめくということが少ない。

そのため、与えられた問題についての知識を深める、辞書のように知らない用語の意味を調べる、知っていることをさらに深掘りするにはいい方法なのだが、そこから斬新なアイデアが生まれるということは少ないように思える。

例えば、町おこしに花火大会を行おうと考えて、過去行われた各地の花火大会のコストや集客などを調べることはできるだろう。そうした調べ物を指示されたとすれば、それはインターネットや商用データベースを使って調べればいい。その結果、花火大会の実行計画は練れるかもしれない。

しかし、そうした方法では、花火大会に代わるイベントを考え出すことは決してできない。いくらグーグルや日経テレコン(日経新聞の提供する記事データベース)を検索しても、「これからの町おこしの切り札」は出てこない。だから「何はともあれ、まず検索する」は避けたほうがよいのである。

そうしたアイデアを出すには、自分の足を使っていろいろな人に会って話を聞いたり、あるいは実際に行われているイベントを見聞きしたり、誰かとディスカッションをしたり、さまざまな方法を使って考えることが必要になる。そうした方法は、どれもアナログ的な方法であるのだ。

もちろんインターネット経由の情報収集でも工夫次第では有用な1次情報を得ることはできるし、さらに2次情報を上手に活用することで人をうならせる企画やアイデアを生み出すこともできなくはない。

しかし、こうした方法より自分が直接見聞きした1次情報を活用するほうが、ユニークなアイデアを考えたり、人をうならせるような企画を生み出す可能性が高いのは言うまでもない。

次回記事では、1次情報をどのように入手し、活用していけばよいかについて、解説していきたい。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自前の物流網を一気に拡大<br>アマゾンジャパンの真意

アマゾンジャパンで物流部門を長年統括するジェフ・ハヤシダ氏へのインタビュー。個人事業主に直接配送を委託する「アマゾンフレックス」の構想は4年前からあり、現在は首都圏中心の6地域ですが、今後3年で全国に広げることが明かされました。