ネットに激増している「幼児の性的虐待」の実態

虐待画像や映像の数は過去最高に

昨年、複数のインターネット関連企業から報告のあった幼児の性的虐待の画像や動画の数は過去最高の4500万件に達した(写真:Khoolook Eid/The New York Times)

映像はむごいものばかりだった。子どもたちが――中にはたった3~4歳くらいの子もいた――場合によっては拷問と言っていいくらいの性的虐待を受けている。

性的暴行を受ける子どもの写真が撮られ、流通するのは今に始まった話ではない。だが昨年、複数のインターネット関連企業から報告のあった幼児の性的虐待の画像や動画の数は過去最高の4500万件に達した。まさに過去に例のない状況だ。

対応しきれないレベルの通報数

10年以上前であれば、その数は100万件に満たなかった。この種のわいせつ画像の氾濫はすでに危険な水準に達している。新たな抑止策を採るべく、テクノロジー業界も警察やアメリカの司法当局も連邦議会も対応に乗り出した。画期的な規制法が成立したのは2008年のことだ。

それでもこの種のコンテンツが見つかる事例は増え続けている。それも急激に。

抑止に向けた対策には、欠陥もあれば足りない部分もある。ニューヨーク・タイムズの取材では、そこを抜け穴として利用する犯罪グループの存在が明らかになった。

全米行方不明・被搾取児童保護センターが中心となって発表した報告書によれば、子どもの性的虐待画像に関する通報は「独立系の情報センターや当局の対応能力を超えており」、システムはもはや限界点に達しているという。つまり、犯罪者たちを摘発する唯一の方策は将来的な機械学習の進歩だけかもしれないのだ。

ニューヨーク・タイムズの取材に対し、アメリカ各地の被害者たちは虐待によっていかに人生が変わってしまったか、そのつらい詳細を語った。事件そのもの、そしてネットにはこの種の画像への需要があるという事実の両方により、人間というものに対する見方がどうしようもなく変わってしまったと、多くの被害者とその家族は語っている。

次ページ幼い子どもの性的虐待画像の共有を目的としたグループも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。