映画「楽園」は事件で残された人を描いた作品だ

瀬々敬久監督が吉田修一の犯罪小説に挑む

作家・吉田修一の小説『犯罪小説集』を原作にした映画『楽園』が10月18日から公開されている ©2019「楽園」製作委員会
『悪人』『怒り』など、次々と作品が映像化されているベストセラー作家・吉田修一の小説『犯罪小説集』を、『64 -ロクヨン-』を手掛けた瀬々敬久監督のメガホンで実写化した映画『楽園』が10月18日より公開されている。
青田に囲まれたY字路で起こった少女失踪事件。事件は未解決のまま12年の時が過ぎ、再び惨劇が起こる――。事件の容疑者として、住民の疑念から追い詰められていく青年・中村豪士役を綾野剛、消息を絶った少女と事件直前まで一緒だった親友・湯川紡役を杉咲花、そしてY字路に続く集落で、村八分になり孤立を深め壊れていく男・田中善次郎役を佐藤浩市が務める。
その他、柄本明、村上虹郎、片岡礼子、黒沢あすか、根岸季衣、石橋静河ら豪華キャストがそろった。人生の歯車が狂い、運命に翻弄されてしまう人々が求める「楽園」とは何なのか――。瀬々監督に作品について聞いた。

“場所”を描くのが上手い作家だと思っていた

――『楽園』を拝見して、これまで「犯罪」をモチーフにした作品を多く発表してきた吉田修一さんと瀬々監督というお二人の相性の良さを感じたのですが。

相性というよりも、前々から吉田さんの本は読んでいましたし、ファンだったんですよ。犯罪に絡んだ小説を書かれているという意味もありますけど、それだけではありません。

この連載の過去記事はこちら

つねづね、吉田さんは“場所”を描くのがうまいとずっと思っていたんです。例えば『悪人』だと、都会と田舎との移動があり。その中で犯罪が行われる。“場所”が重要なポイントになっている。

『平成猿蟹合戦図』も、歌舞伎町のホストが東北の田舎に帰って議員になるということで、それもやっぱり“場所”の移動がある。『さよなら渓谷』も、いわゆる東京近郊を舞台にした犯罪ということで、“場所”が重要になっている。

次ページ撮影場所にこだわった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。