映画「楽園」は事件で残された人を描いた作品だ

瀬々敬久監督が吉田修一の犯罪小説に挑む

そのため、ある程度オリジナルな部分が出てくるのは仕方のないことでした。この映画は『犯罪小説集』という小説に対してのアンサーソングみたいな感じの映画になったと思っています。

ただ、映画化をするに当たっての吉田さんの思い、考えというのもいろいろと聞かせてもらった。そういう作業だったと思います。基本的に吉田さんは前向きな方というか、どうやったらよくなるかということを考えてくださる方なので、そういう意味では面白かったですね。

吉田さんもどうなるかわからない思いがあったかもしれませんが、作品を見て安心されたのではと思っています。

集落で孤立を深め壊れていく男・田中善次郎役を佐藤浩市が務める ©2019「楽園」製作委員会

――犯罪を描くとしてもいろいろな描き方があると思います。例えば犯罪者側から描くこともできますし、捜査をする側からも描くことができると思います。そういう意味で、今回は犯罪に近い立場の人を描いた作品になるかと思いますが、こういう見せ方をしようと気を使ったところはありますでしょうか。

非常に難しかったのが、「すべてを決定していないところ」ですよね。とくにY字路はそうですが、綾野君が犯人なのか、犯人ではないのかという点はわからずに描かれている。だから見る側によって、さまざまな受け取り方があると思う。そういう風に作ろうという意識で作った映画だと思っています。

だから犯罪者側でも、追跡する側でもなく、むしろ残された人々を描こうと思いました。(杉咲花演じる)紡というのは残された人じゃないですか。柄本明さん演じる五郎も残された人。佐藤浩市さん演じる善次郎も、妻に先立たれて、残された人。綾野くん演じる豪士も母親に残された人。そうした残された人々の視点で作るなら、それがひとつのキーになる気がしました。

面白くなりそうなら受ける

――瀬々監督は、娯楽作から大作、インディーズまで幅広い作風でやられていますが、どういう観点で作品を選ばれているのでしょうか。

基本は面白くなりそうなものは受けますよ。これは面白くなりそうだなという匂いがするものは受けるようにしています(笑)。

――最近は『64-ロクヨン-』以降、ハードで骨太な作品が続いていますが、今後、監督としてこういうテーマをやりたい、ということはありますか。

とりあえずホラーには向いてないということはよくわかっています(笑)。悩んでいる登場人物に感情移入してしまうので。モンスターが悩んでいるようなホラー映画とかはみんな見たくないでしょう。そこが僕の欠点なんですよ。

次ページ悩みを描くのがスタンス
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT