「おっさんずラブ」女性の心にグッと刺さる理由

BLファンをTVの前に引っ張ってこられた良作

「おっさんずラブ」の脚本家・徳尾浩司氏に、ドラマを手がけていく苦労や大ヒットした理由などを尋ねました(撮影:原貴彦)
いよいよ公開がスタートした『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』。ツイッターの世界トレンド1位を獲得するなど、社会現象を巻き起こしたドラマ「おっさんずラブ」の脚本家・徳尾浩司氏に、自他ともに認めるOL民(『おっさんずラブ』ファン)のコラムニスト・河崎環氏が迫る。7月8日に下北沢B&Bで開催されたイベントの模様をお届けする。

河崎環(以下、河崎):ついに『劇場版おっさんずラブ』が公開になります。まず、徳尾さんの今の気持ちをお聞かせください。

徳尾浩司(以下、徳尾):深夜の単発ドラマが映画にまでなったのは、俳優さんの力もありますが、何よりも観てくださった方たちのおかげだと思います。おそらく番組のファンのみなさんの反響には、テレビ局の方たちもびっくりしたと思います。ツイッターのトレンドで世界1位になっても、たいていの人はなかなか気づきませんが、ジワジワと盛り上がりながら、広まっていった。それは本当に番組のファンのみなさんのおかげです。

河崎:「おっさんずラブ」のファンの方たちは、すごく優秀で戦略的な文化消費者だと思います。言い換えれば“細分化されたパトロン”。文化は消費しないと顕在化しないし、醸成されていきません。

とくにわれわれが好きなドラマやマンガのような文化はそう。昔の貴族や石油王のように、1人の蓄えだけで作家を養うわけにはいきませんが、われわれ一人ひとりの力を合わせれば、ツイッターのトレンドを1位にして、深夜ドラマを劇場映画にすることだってできるんですよ。

徳尾:これは何のセミナーなんでしょうか?(笑)

「おっさんずラブ」が大ヒットした理由

河崎:「おっさんずラブ」がここまで伸びた原因について、徳尾さんは「普段テレビドラマを観ない方たちがテレビの前に座ってくれたのではないだろうか」とおっしゃっていましたが、これはすごくよくわかります。

「東京ドラマアウォード2018」授賞式で。ドラマ「おっさんずラブ」で主演男優賞を受賞した田中圭さん(左)と助演男優賞を受賞した吉田鋼太郎さん(写真:時事)

テレビドラマファンというより、BL(ボーイズラブ)をはじめとする周縁の文化が好きな人たちが一斉にテレビの前に座って、このドラマを観ていたのだと思います。

SHOWROOMの前田裕二さんが、「今は店主やママがいないときに、お客さんがカウンターの中に入って勝手にお酒を作って出すような店、そのようなコンテンツが長く愛される時代」だとおっしゃっていました。

「勝手にお酒を作って出す」とは何のことかというと、2次創作やファンによる勝手なプロモーションのことですよね(笑)。マンガなら自分で10冊買って“布教”用に配ったりするファンがいるようなコンテンツが長く愛される時代なんですね。「おっさんずラブ」はまさにそういう作品だと思います。

次ページ台本の執筆は朝から始める
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT