「おっさんを愛でるドラマ」が人気を博す事情

「日本のおっさん像」を変えた松重豊の功績

なぜ「おっさんが主役のドラマ」が急増しているのか?(写真:左右ともにテレビ東京、左:木ドラ25「デザイナー 渋井直人の休日」 テレビ東京にて毎週木曜深夜1時から放送中 Ⓒ渋谷直角/宝島社 Ⓒ「デザイナー 渋井直人の休日」製作委員会、右:ドラマパラビ「さすらい温泉 遠藤憲一」 テレビ東京にて毎週水曜深夜1時35分から放送中 ©「さすらい温泉 遠藤憲一」製作委員会)

テレビドラマ界で、おっさんが大ブームである。この冬のラインナップをみると、まあ、見事におっさんだらけ。定番の刑事モノや2時間ドラマではおっさん主演が当たり前だが、そうでない枠でもおっさんがメイン、あるいはぎっしりてんこもりだ。主要作品をかいつまんで紹介しておく。

まず「メゾン・ド・ポリス」(TBS)。主演は高畑充希だが、警察をリタイアしたおっさんたち(西島秀俊、野口五郎、角野卓造、小日向文世、近藤正臣)のシェアハウスが舞台。つまり、おっさんの“詰め合わせ”である。

一方、昨年の「おっさんずラブ」のヒットで味をしめたのか、テレ朝は強気でタイトルそのまんまの直球勝負。「私のおじさん~WATAOJI~」である。主人公の新米AD(岡田結実)にまとわりつく謎の妖精が、なぜかスーツ姿のおっさん(遠藤憲一)という設定だ。

また、2017年の「バイプレイヤーズ」で名脇役俳優のおっさんたちにスポットライトを当てたテレ東は、そもそもおっさん推しの制作スタイル。そんなテレ東が満を持して送り込んできたのが、光石研の主演作「デザイナー 渋井直人の休日」だ。おしゃれなおっさんが己の欲と自意識とひそかに闘うさまをポップに描く。また、遠藤憲一主演「さすらい温泉 遠藤憲一」や、売れない歌手を高橋和也が演じる「日本ボロ宿紀行」もある。

さらに、テレビ大阪(BSテレ東でも放送)では、南極観測隊のおっさんたちの過酷な日常を描く「面白南極料理人」を放送。主演は浜野謙太、隊員は山中崇、田中要次、緋田康人、マキタスポーツ、岩崎う大(かもめんたる)と、おっさんだらけ。唯一若者(福山翔大)もいるが、絵ヅラは“おっさん大集合”である。

最後は、「柴公園」(TOKYOMX、BSトゥエルビほか)。柴犬を連れたおっさん3人(渋川清彦、大西信満、ドロンズ石本)が公園でダベるだけ。いくらなんでも肩の力を抜きすぎとも思うが、想像以上に癒やされる。

ということで、おっさんドラマ花盛り。作り手の思惑は知らんが、ウケると踏んでいるテレビ局が多いし、事実、私の心もおっさんを求め始めている。なぜ、今、おっさんなのか。

「おっさんドラマ」の悲しい歴史

おっさんに白羽の矢が立つ作品は、今に始まったことではない。ちょっと黒歴史にも触れておこう。覚えているのは、いまや名バイプレイヤーで日本のドラマ界には欠かせない名優・小日向文世の主演作だ。

次ページ鳴かず飛ばずだった「おっさんドラマ」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。