ファッションショーの奇抜な服は誰が着る?

ファッションショーというビジネス戦略

まず、基本的な話ですが、ファッションショーに招待されるゲストは、大きく2つに分かれます。

ひとつは、プレス枠。テレビ、新聞、雑誌、ウェブなどの媒体に、セレブやブロガーなど、PR管轄で招待されるゲスト。

もうひとつが、セールス枠。百貨店やセレクトショップなど、卸や小売りなどの取引先で、営業管轄で招待されるゲスト。

著者撮影:ショー、展示会、パーティなど、数々の招待状が届く
 

 

このどちらかであれば、インビテーションを申請し、ブランドが受け付けると、ショーの前日までに(←写真のような)招待状が、手元に届くことになります。

 

 招待状には、座席番号やスタンディングなどの記載があります。ゲストは、会場のエントランスでこの招待状を提示(屈強そうなガードマンに必ずチェックされます)して、会場の中に入ります。後は、会場で指定された席に着き、ショーが始まるのを待ちます。

何でもいいのでショーの雰囲気を味わいたい

さて、ファッションの専門学校生などから聞かれるのは、「招待状がなくても、ショーに入る方法はありますか?」というもの。

ブランド関係者と友達になって入れてもらう、という裏ルートもありますが、今回は正規ルートで話します。

東京で行われる東コレでは、ブランドの認知度や注目度によりけりですが、ブランドを問わないということであれば、可能性は十分にあると思います。必ず入れるとは言い切れませんが、ブランドにこだわらなければ挑戦する価値はあると思います(方法は、会場に行ってチケットがない人の列に並ぶのです)。

ただし、席に余裕があればという前提です。あくまでも、余裕があれば、入れてもらえる可能性があるというくらいの話ですから、人気のブランドでは難しいところもあると思います(人気のブランドでは、チケットがない人の列が存在しません)。その辺りはご自身でご判断ください。

また、パリやミラノなど、本場でショーを見てみたい、という方もいらっしゃるでしょう。パリはファッションショーの聖地ですから、ハードルはかなり上がります。でも、東京と同じく知名度が低い新人さんなどは、入れてもらえる可能性もゼロではないでしょう。

またショーは見られなくても、雰囲気だけでも味わいたという方。会場のゲート前は、ショーに来たセレブやファッショニスタ、モデルさんたちと関係者に加え、さらに彼らを見に来たファンやパパラッチ、ブロガーなど、それはもう本当にすごい人です。人気ブランドともなれば、黒山の人だかりで、熱気もそうとうなものですから、雰囲気は十分に味わえると思います。

次回も引き続きファッションショーの素朴な疑問に加え、ネットでの動画配信など、ブランドxITの取り組みなどをお伝えします。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT