BMW3シリーズの安全を支える「カメラ」の正体

メガサプライヤーのZFが取り組む安全技術

ただ、実際問題でいうとAEBSはできれば使いたくない機能である。そういう意味ではACCやレーンキープといった関連機能に注目が集まるが、ズバリAEBSの性能が高いモデルは関連機能も優れていると判断してもいいのだろうか。

「それは自動車メーカーに確認してみてください(笑)。1つ言えるのはACC/レーンキープに代表される運転支援は、AEBS同様に自動車メーカーが力を入れて開発しているデバイスです。その高い機能要求をサポートするためによりよい認識性能を持つカメラを開発・供給すること、それがわれわれZFの役目だと認識しています」(飯田氏)

「360度見たい」というニーズ

ちなみにTriCamから将来的に4つ、5つとカメラの数がさらに増えていく可能性はあるのだろうか。

飯田氏は「システム提案ができるサプライヤーを目指している」と強調する(筆者撮影)

「昨今の状況から考えると『360度見たい』というニーズはあると思います。もちろん技術的には可能ですが、そのうえでの課題は車両の意匠性やドライバーの視界を失うことなくカメラを搭載することであり、そこは自動車メーカーの知恵・経験をいただきながら進めることが重要ですね」(同)

最後にカメラに関するZFの強みはどこにあるのかを聞いてみた。

「ZFのスローガン『See Think Act』でいうように、われわれはシステム提案ができるサプライヤーを目指しています。現在、国内外の自動車メーカーとグローバルで先行・量産開発を進めていますが、その経験を活かした『応答性・柔軟性』が強みではないでしょうか」(同)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT