BMW3シリーズの安全を支える「カメラ」の正体

メガサプライヤーのZFが取り組む安全技術

ただ、実際問題でいうとAEBSはできれば使いたくない機能である。そういう意味ではACCやレーンキープといった関連機能に注目が集まるが、ズバリAEBSの性能が高いモデルは関連機能も優れていると判断してもいいのだろうか。

「それは自動車メーカーに確認してみてください(笑)。1つ言えるのはACC/レーンキープに代表される運転支援は、AEBS同様に自動車メーカーが力を入れて開発しているデバイスです。その高い機能要求をサポートするためによりよい認識性能を持つカメラを開発・供給すること、それがわれわれZFの役目だと認識しています」(飯田氏)

「360度見たい」というニーズ

ちなみにTriCamから将来的に4つ、5つとカメラの数がさらに増えていく可能性はあるのだろうか。

飯田氏は「システム提案ができるサプライヤーを目指している」と強調する(筆者撮影)

「昨今の状況から考えると『360度見たい』というニーズはあると思います。もちろん技術的には可能ですが、そのうえでの課題は車両の意匠性やドライバーの視界を失うことなくカメラを搭載することであり、そこは自動車メーカーの知恵・経験をいただきながら進めることが重要ですね」(同)

最後にカメラに関するZFの強みはどこにあるのかを聞いてみた。

「ZFのスローガン『See Think Act』でいうように、われわれはシステム提案ができるサプライヤーを目指しています。現在、国内外の自動車メーカーとグローバルで先行・量産開発を進めていますが、その経験を活かした『応答性・柔軟性』が強みではないでしょうか」(同)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT