BMW3シリーズの安全を支える「カメラ」の正体

メガサプライヤーのZFが取り組む安全技術

BMW3シリーズには3つの眼を持つ「TriCam」が採用された。これを開発したのがメガサプライヤーの「ZF」だ(写真:BMW)

世の中にはさまざまな移動手段があるが、その中でも自動車のメリットといえば「移動の自由」があることではないだろうか。自動車の進化により人々の暮らしは大きく変わったが、その一方で避けて通ることができないのが「交通事故」だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

自動車メーカーは交通事故による死亡者や重傷者をなくすために、さまざまな安全技術の開発を行ってきた。衝突吸収構造ボディ、シートベルト、SRSエアバックシステム、アンチロックブレーキシステム、車両挙動制御システムなどが普及してきたが、昨今注目を集めているのが「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)」だ。

簡単に説明すると、車両前方に設置されたセンサーにより前方の車両の接近や障害物を検知すると警告もしくは自動的にブレーキを作動させ、衝突を回避あるいは被害の軽減を図る機能である。

AEBSといっても“性能差”は存在

世界初採用はトヨタ・ハリアー(2代目:2003年)だが、「自動でブレーキをかける」といった機能を備えたのはホンダ・インスパイア(4代目:2003年)である。

さらに“完全停止機能”を備えたのはボルボXC60(2008年)だが、その認知度を大きく高めたのはスバル・レガシィ(2010年)に採用された「アイサイト(バージョン2)」だろう。「ぶつからないクルマ?」というキャッチコピーはもちろん、それまで高価だったシステムを約10万円という戦略的な価格設定にしたのが功を奏し、「ユーザーは安全にお金を払わない」という定説を覆した。

その後、ほかのメーカーも積極的にAEBSの展開を行っているのはいうまでもなく、日本や欧州を含む40カ国・地域が新車搭載の義務化に合意している。

ただし、一口にAEBSと言ってもどれもが同じ性能かというとそうではなく、確実に“性能差”は存在する。AEBSの機能を大きく分けると、障害物や人を認識する「センサー」、センサーで認識した情報から衝突の可能性を判断し指示を行う「コントローラー」、そしてブレーキや警報表示などの「ハードウェア」の3つで構成される。

次ページ3つの中でAEBSの肝となるのは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。