BMW3シリーズの安全を支える「カメラ」の正体

メガサプライヤーのZFが取り組む安全技術

現在はカメラ、レーダーの性能は一長一短だが、技術がより進化したら、「カメラでも見えない物が見える」、「レーダーでも認識可能」という時代は来るのだろうか。

「各々のレベルは上がっていくと思いますが、センサーの基本原理が変わらない以上は飛躍的な進化は難しいかもしれません。ただ、『得られる情報量』という観点ではカメラが大きいといえるでしょう。加えてセンシングした情報をどう活用するかも重要となりますが、昨今話題の5Gに代表されるインフラがもたらす変化はあるかもしれませんね」(飯田氏)

「聴く」という部分に着目したセンサー

レーダー/カメラ/赤外線レーザーに続く新たなセンサーは生まれてくるのだろうか。

「例えば、今年のCESで発表したサウンドAIは『聴く』という部分に着目したセンサーです。例えば、救急車/消防車のサイレン音など、見えなくても音で判断できることはありますよね?」(同)

ただ、高機能になるにつれてコスト的な問題も課題となる。その辺りに関してZFはどのように考えているのだろうか。

「大事なことは、運転支援システム全体の性能・コストではないでしょうか。高性能なTriCamを用いることでほかのセンサーの性能・コストの最適化ができれば、結果としてシステム全体の“価値”を高めることが可能と思っています」(同)

次ページAEBSが高性能のモデルは関連機能も優れている?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT